弾突バトル!フリックス・アレイ FICS編」カテゴリーアーカイブ

弾突バトル!フリックス・アレイ FICS 第60話「唸れ!フリックス太極拳!!」

第60話「唸れ!フリックス太極拳!!」

 

 アジア予選に出場するためにインドへ上陸したダントツウィナーズは、フリックスヨガ教室で新たなる知見を得ることができた。
 そして、フリックスヨガの先駆者でありインド代表でもあるヴィハーンは更に世界の広さを教えてくれるであろう人物を紹介してくれると言う。

 翌日、早速ダントツウィナーズはヴィハーンの案内で中国拳法のような道場へ案内された。
 そこでは道着を来た少年少女達が型の練習をしていた。
 ちなみに、伊江羅博士は大会の登録等で忙しいので別行動だ。

「これは、拳法?」
「いや、空手だろ」
「違うでございます。これは太極拳。そしてこの道場はそれをフリックスに活かすフリックス太極拳を指南する所なのでございます」
「へぇ、ヨガの次は太極拳……」
「なんでもフリックスにできるんだな」
 感心していると道場の奥からやや細身だが長身で無駄な肉のないガッシリとした少年がやってきた。
「おお、ヴィハーン!よく来てくれたい!」
「ハオラン、久しぶりでございます。今日は昨日話した通り、日本代表のフリッカーを連れて来たのでございます」
「おお、おお、遥々日本から!いやぁ、丁度大会前に他国のフリッカーと練習試合をしたいと思ってたから丁度よかったい!……っと、申し遅れたい!オイラは台湾代表チーム【拳弾倶楽部】のリーダー、ハオランったい!」
「あ、ど、ども、ダントツウィナーズの段田バンです」
 バン達も軽く会釈をした。なんとなく、ハオランの距離の近さに圧倒された。
 そう言えば台湾は親日の国としても有名だ。彼の人懐っこさは国民性なのだろう。
「私とハオランは古くからの友人でございます。ハオランはフリックス太極拳を世界へ広めるためにここインドにも道場の支部を開いているのでございます」
「普段は自国の道場にいるったいが、アジア大会がインドで開かれるって事になったんで、せっかくだからしばらくはインド支部で指導してるたいよ」
「へぇ、なんかすげぇなぁ!こう言うのだったら出来そうだ!!」
 バンはダッと駆け出して道場生達の見様見真似で太極拳の動きをしてみた。

続きを読む

弾突バトル!フリックス・アレイ FICS 第59話「インド上陸!新たなるライバル、ヴィハーン!!」

第59話「インド上陸!新たなるライバル、ヴィハーン!!」

 

 ガンディー国際空港。
 ダントツウィナーズは伊江羅博士の引率で、アジア予選に参加するためにインドへ上陸した。

「うおおおお、インドだあああ!!!」

 バンは空港を出るなり早速駆け出した。
 向かった先は料理屋だ。

続きを読む

弾突バトル!フリックス・アレイ FICS 第58話「カッ飛べ送別会!千葉県横断バトルロイヤル大会!!」

第58話「カッ飛べ送別会!千葉県横断バトルロイヤル大会!!」

 

 チームバトルの練習で自信のついたダントツウィナーズ。
 今日も遠山フリッカーズスクール特別研究室に集まって練習をしていた。

「ぶっ飛ばせ!ビートヴィクター!!」

 大きなフィールドの中でゼンマイ仕掛けで動く小型ターゲット達。
 こいつらを三人で協力して制限時間内に全てフリップアウトさせる事が成功条件だ。

続きを読む

弾突バトル!フリックス・アレイ FICS 第55話「ダントツウィナーズ誕生!」

第55話「ダントツウィナーズ誕生!」

 

 FICS日本代表決定戦。
 Aブロックはバンが辛くも勝利し、代表に選ばれた。
 続いてはBブロック、リサの戦いだ。

『さぁ、FICS日本代表決定戦!段田バン君に続いて日本代表に選ばれるのは誰なのか!?
Bブロック決勝は遠山リサ君VS鷺沢操君!!』

 リサと操が対峙する。
「遠山リサ。元スクールトップのフリッカーでありGFC準優勝者。一度手合わせしたいと思っていた」
「私も、流浪の辻斬りフリッカーの噂は知ってたし、その強さもこの目で見た。ここで戦えて嬉しいよ」
「それは光栄だ」

続きを読む

弾突バトル!フリックス・アレイ FICS 第54話「代表を掴み取れ!VS洗濯バサミ!!」

第54話「代表を掴み取れ!VS洗濯バサミ!!」

 

 FICS日本代表選抜戦大会。
 バン達は順調に勝ち上がっていた。

「いけっ!レッドコーパスルR!!」
「ぶっ飛ばせ!ビートヴィクター!!」

「プロミネンスドリフト!」
「かわしてくれ!ブラックグース!!」

続きを読む