3/14朱雀杯in東京 お呼ばれしてきました!


ドランザー一樹さんの主催するベイブレードのオフ会
『朱雀杯』の東京出張バージョンにお呼ばれされてきました!


開催地は田町のまねきねこです

参加人数はなんと16人!
ってカラオケルームに入りきるの!?

と思いましたが、あるところにはあるものです
最初は10人でも手狭な部屋でしたが、交渉により広々としたパーティルームを使用させてもらう事になりました
コロナウイルスの影響でカラオケ利用する客が少ないのも不幸中の幸いかな

準備中

今回スタジアムの設置は二つだけですが、正直十分事足りました

メンバーの殆どは初対面の方達なのですが
前にベイバーでお会いした方々と再会したり、ネット上での付き合いはあってもリアルでようやく会えたりと
いろんな繋がりを感じられました

特に「T」さんは昔からウチの活動を見てくださってる方らしく
僕もずっとリアルでお会いしたかったんですが、ようやく念願が叶いました!

まずはフリバで交流

こういう会はそれぞれの拘りが見られて面白いです
僕もタクトファブニルで右回転メタなベイに拘ってたんですが

シングルのトライデントにこだわる人もいれば
トルネードワイバーンで左回転キラーする人もいる

ブレーダーとしての知見が広がりますね

個人的にはデッドフェニックスにハイブリッドドライバーのカスタムが天才だったなと
デッドフェニックスですよデッドフェニックス!
パフェじゃないんです!
通常なら、重いアーマーがパージすると軽い本体しか残らないので弱いとされがちなのですが
ハイブリッドドライバーの場合は、電動なので軽い方がむしろ効率よく力を発揮出来る

序盤の高速回転時はアーマーの重さで遠心力を稼ぎ
終盤、アーマーが外れて低速回転になった時は電動の力を効率よく引き出して粘る

序盤はベイの理論、終盤はミニ四駆の理論で力を発揮させる天才的な発想のカスタムだと思いました

大会の方は

カードゲームのような呪文効果を意識したゲーム形式のチーム戦
タッグ戦
個人戦と様々な形式のバトルでの総合点で優勝者を決めます

そしてなんと優勝したのは小学生のゆうとくん!
やはりベイブレードはお子さんが強い!!

あと今回、特別にフリックスアレイの方も置かせてもらったのですが

小学生達にめっちゃ食いつかれました
食いつかれすぎて大会進行に影響出そうだったので慌ててしまいましたが

まさかベイブレードのイベントでここまで食いつかれるとは
そういえばベイサバの時もやたら小学生の食いつきは良かったんだよなぁ

一番人気なのはこいつでした

アプライトヤクターの変形は魅力だよな

そして、企画初期頃からフリックスの事を追っていたと言う「T」さんへ布教し

元声優であるむしさんにも興味を持ってもらい

更に機体を二つも買ってくれたゆうとくんとバトル!!

ルールもすぐに覚えたし、かなり筋が良いぞ!!

ベイブレードもフリックスアレイも有意義な時間が過ごせました!

主催の一樹さん、そしてお会いした皆様、どうもありがとうございました!!

 

CM

1175

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)