弾突バトル!フリックス・アレイ 第41話


第41話「ラストチャンス!三つ巴の戦い!」

 

 第1回グレートフリックスカップ会場。
 予選バトルも終盤戦だが、ますますヒートアップしていた。

「掬い上げろ!トリロバイト!!」
「うわぁ!負けるなシンプルエアプレーン!!」

「闇夜を駆けなさい!夕闇の狐!!」
「駆け抜けるのはこっちが元祖よ!シャイスコjr.改め、ルドルフjr.!!」

「レイドロン!必殺のレイドロンビーム!!」
「って、ただのシュートやん!こっちもいけ!ダブルパンチ!!」

「センバ屋の洗濯バサミは最高だ!!いけ!無限クリエイト!!」
「洗濯バサミの組み合わせでフリックス作ってるだと!?」
「洗濯バサミの可能性は無限大!!」
「アームドクラッシャー!こっちは本家本元本物のブロック玩具の力を見せるぞ!!」

「ぶち飛ばせ!オーガタンク!!」
「突き刺せ!ヴァリアランサー!!」
「くっ!なんて変形だ!刺突力もマインヒット力も半端じゃねぇ!」
「そっちこそ、一撃が重い…!まるで鬼の金棒だ」

「うふふ、舞え!ラストローズ!!」
「けっ!今日こそ決着つけてやるよ!!ラースパイル!憤怒の杭をぶつけてやれぇ!!」

「いけぇ!コメットウルカヌス!空気の壁を突き破れ!!」
「あれはマッハコーン!?こっちも機動力なら負けない!フライホイールの力で押し返せ!ラミューロォ!!」

 個性豊かな機体達が熱いバトルを繰り広げている。

『第1回グレートフリックスカップ予選ヒート!さまざまなドラマが繰り広げられたが、残り時間はあとわずか!!そろそろラストスパートをかけないと間に合わないぞ!!』

「そんな事言われなくても分かってるよ!!」
 バトルフリッカーコウのアナウンスを聞きながら、バンは必死に戦っていた。
「いけっ!ディフィートヴィクター!!」
「耐えろ!ジャークウォール!!」
 バキィ!!
 プラ板のしなりを利用して防御する機体、ジャークウォールをヴィクターは難なく弾き飛ばした。
「ジャークディフェンスが破られた……!」
「おっしゃ次!!」

 急いで次の対戦相手と戦う。
「右回転ブレイカー!!」
 今度の相手は青い二本のワインダーを伸ばしながら猛回転する機体が相手だ。
「くっ!なんてスピンだ!!しかも遠心力で変形してくるなんて……!」
 思いの外苦戦するバン。しかし、その性能に何かを思いつく。
「このスピン……どこかでみたような」
 脳裏に思い浮かぶのは暗黒の回転…全てを飲み尽くさんとするブラックホールだった。
「そうか!シェイドディバウアの回転と似てるんだ!!回転力で機体が広がって、更に遠心力を増して加速する……だからタイムラグ無しでブラックホールディメンションが撃てたのか!」
「何ごちゃごちゃ言ってんだ?」
「だったら俺は、その回転を破る!!」
 ディフィートヴィクターは、ターンが終わっても回転をし続ける右回転ブレイカーへシュートをぶちかました。
「いっけええええ!!!!」
 バチンッ!
 ヴィクターがぶつかった衝撃で広がったワインダーが閉じてしまい、回転速度が落ちてしまう。
「しまった!遠心力が!!」
「ぶっ飛ばせ!!」
 スピンしないスピン型機体など翼をもがれた猛禽類と同じ。
 ディフィートのバネで大きく弾き飛ばしてフリップアウトさせた。
「ま、負けた…!」
「へへ、サンキュ!おかげで勉強になったぜ!!」
「??」

 そして、いよいよ運命の瞬間が訪れてしまった。

『終了〜!!!!さぁ、予選ヒートの終了だ!!!
各選手バトルは中断して、星を持って受付まで行って集計してくれ!!』
 選手達が星を持って集計に行く。

 そして、結果が出るまでの間にバンは仲間達と合流した。
「リサ、皆!」
「おう、バン!どうじゃった?」
「やれるだけはやった。あとは結果を待つだけだぜ。お前らは?」
「私達も同じだよ」
「うん。まぁ絶対突破できてる自信はあるねどね」
 特に剛志とレイジはユウタとゲンゴの星を全部貰っているから確実だろう。
「そっか、そりゃ良かった」
「バン……?」
 バンの言葉にいつもの元気が感じられなかったのか、一同は不思議そうな顔をした。
「どうした?いつものお前じゃったら『俺がダントツで予選突破してるに決まってるぜ!』って息巻いとるとこじゃろうに」
「うん、なんからしくないね」
「あぁ、今回ばかりは正直危ねぇ……」
「何かあったの?」
「実はさ……」
 バンはザキのシェイドディバウアの事、それが自分のせいで覚醒してしまったことを正直に話した。
「なんと、あのザキが更にパワーアップしたじゃと……!」
「シェイドディバウア……とんでもないフリックスの登場だね」
「すまねぇ、俺のせいで厄介な奴を覚醒させちまった」
「バン……バンのせいじゃないよ」
「おう、それにザキがどれだけ強くなってもワシらがそれよりも強くなればええ!」
「だね!僕らだってこの大会で強くなったんだ!」
「お前ら……へへっ、それを聞いて安心したぜ」
「バン、なんか嬉しそう」
「まぁな。実を言うと俺、ザキが強くなってくれて嬉しいんだ。全然勝てる気しねぇのに、戦うのが楽しみでしょうがねぇんだ!」
「なんじゃ、さっきまでしおらしくしとったくせに」
「でもこの方がバンらしい」
「って事で、ザキが覚醒できたのは俺のおかげなんだ!だから、ザキは俺が倒す!抜け駆けは禁止な!!」
「調子いいなぁ」
「でも、バン。大会はトーナメントだから誰と当たるかはわからないよ」
「そもそもお前自体が予選突破できるかも危ういんじゃなかったんか?」
「ああああ!そうだったあああ!!くううう、どうにか突破しててくれぇぇぇ!!!」

 根本の問題を思い出し、バンは頭を抱えるのだった。
 そしていよいよ集計結果が出る時間になった。

『さぁそれではいよいよお待ちかね!結果発表だ!!
勝ち星の多い上位8名になって決勝トーナメントへ進出出来るのは一体誰なのか!?
まず、1位!ダントツでザキ君!!』

「ザキ……!」
「さすがと言ったところか」

『続いて2位は同率!剛志君とレイジ君!!この二人も圧倒的な勝ち星を稼いでいるぞ!!』

「すっげぇなお前ら!いつの間にあんな稼いでたんだ?」
「まぁ、ワシらはユウタとゲンゴの勝ち星を全部貰ったからな」
「むしろそれでもザキが一位なのが脅威的だよ」

『そして4位はイツキくん!5位はリサくん!!』

「やったな、リサ!」
「う、うん!でも…!」
「イツキも当然勝ち残っとるか」

『6位操くん!7位やまとくん!』

「操も勝ち上がったか…!」
「あとは、バンだね…!」
「入っとるといいんじゃが」

 ここまでは予定調和だ。
 問題はここから。

『8位ゼンくん!!』

 この瞬間、バンの瞳から光が消えた。
「マジ、か……」
「バン……」

『おおっと!8位は同率で3名いるようだ!
残りは、ホウマくん!そして……バン君だ!!』

「え…!」
「よかった……」
「まったく、ヒヤヒヤさせおる」
「でも、8位が3人いる場合ってどうするんだろう?」

『グレートフリックスカップ予選はまさかまさかの大接戦だった!!
しかし、勝ち上がるのはあくまで8名のみ!
よって、8位の座をかけてゼンくんとホウマくんとバンくんの3人は三つ巴の総当たり戦を行ってもらう!
その勝者が決勝トーナメントに進出出来るぞ!!』

「まだまだ気は抜けないね」
「へっ、最初から最後まで抜く気はねぇぜ!バトル出来る回数が増えてラッキーだ!!」

 ステージのモニターにゼン、バン、ホウマ3人のリーグ表が映し出され、3人はステージに上がった。

『さぁ、それではステージに上がってもらった3人にはこの特設フィールドで戦ってもらうぞ!』

 ステージの上にはフィールドが設置してある。
 なんの変哲も無い、長方形で中央にフリップホールのある普通のフィールドだ。

『まずはバンくんvsホウマくんのバトルだ!』

 ホウマと呼ばれた少年はまるで魔法使いのようなローブを纏っている。

「なんか、すごい格好だな。暑くないのか?」
「我が魔力により外界の気温をシャットアウトしている。心配はご無用だ」
「ま、魔力…?」

『それでは、三つ巴総当たり戦!始めて行くぞ!二人とも機体をフィールドへ!』
 バトルフリッカーコウに促されて、二人はマインと機体をセットした。

『3.2.1.アクティブシュート!!』

「いけっ!ディフィートヴィクター!!」
「我が魔力を解放せよ!ウィザード!!」

 ガキッ!
 二機が正面からぶつかり、ヴィクターはウィザードのフロントに掬い上げられてバランスを崩してしまった。

「しまった!」
「先手は私のものだ」

『さぁ、激しいアクティブシュートによりウィザードが先手を取ったぞ!ここからどのような攻撃が飛び出すのか!?』

「魔法陣展開!」

 ホウマはウィザードに取り付けられた色とりどりの薄い輪っかのようなパーツをフィールド上に散りばめてマスキングテープによって接着した。

「な、なんだ!?」
「ふっ、これで布石は完了だ」
 ホウマはウィザードをチョン押ししてターン終了した。

「なんだよ、魔法とかなんとか言ってビビらせやがって!こんなにパーツ置いてたら簡単にマインヒットできるぜ」
 分離パーツをちりばめると言う事はそれだけ的を増やしていると言う事だ。
 つまり、マインヒットされやすさと言う意味で不利にしかならない。

「いけっ!!」
 バシュッ!
 ヴィクターは魔法陣の上を通過してマインに接触、マインヒットだ。
「どうだ!」

『ディフィートヴィクター!まずは手堅くマインヒットで先制!』

「ふっ、かかったな」
「なに!?」
「足元をよく見るがいい!」

 ディフィートヴィクターは魔法陣の上に停止していた。

「それがどうかしたのかよ!」
「さぁ、ショータイムだ!」
 ホウマはウィザードの一部パーツを分離させ、ディフィートヴィクターの下に置いた。

「な、何すんだ!」
「敵機が自機に触れた状態でターンが来た時、敵機に触れているパーツを差し替えられる。つまり、散りばめた魔法陣はこのパーツに差し替えるためのトラップなのだ」
「そ、そんなのアリかよ!?」
「そして敵機を乗せたこの分離パーツに向けて本体をシュートする事で魔法が発動する!」

 バシュッ!バーーーン!!!
 分離パーツは本体からの衝撃を受ける事でキックバネが発動してディフィートヴィクターを跳ね飛ばしてしまった。

「マジカルカタパルト!!」
「うわああああ!!」

 バリケードを飛び越えて、ヴィクターは場外してしまった。

『まさに魔法!!ウィザードの不可思議な離れ業によってディフィートヴィクターはフリップアウト!後がないぞ!!』

「くっ!」
「そして、次のアクティブシュートまでにさらに魔法陣を散りばめれば確実に仕留めらる」

 フィールド内が魔法陣で埋め尽くされてしまう。

『それでは仕切り直しだ!3.2.1.アクティブシュート!!』

 今度はディフィートヴィクターが先手を取った。
「何が魔法だ!だったらこっちもフリップアウトさせればいいだけ!」
「その手には乗らない。魔法はこれだけではない」
「なに!?」

 ディフィートヴィクターからウィザードへの道中には、魔法陣がつっかえるように接着されていた。
 このまま突っ込めばテープによって絡め取られてしまうだろう。

「だったら、その魔法陣ごとぶっ飛ばしてやる!!」

 バキィ!!
 さすがディフィートヴィクター。勢いの良いシュートで魔法陣を場外させた。
 更についでにマインにも触れた。

「どうだ!これでフリップアウトだぜ!」
「フリップスペル!リヴァイブパージ!!これでフリップアウトは無効で、マインヒットのみのダメージです」

 リヴァイブパージ……シャーシと繋がっていないパーツがフリップアウトしても無効になる。そのパーツは次の自ターン時に元に戻す。

「くっ!」
「しかも再びヴィクターは魔法陣の上に…」
「だったらこっちも!フリップスペル!ストームグライド!!」

 ストームグライド……シュート後に自機を好きな位置に移動できる。
 これによってヴィクターは魔法陣にも触れずマインからの遠い場所へ移動した。

「くっ、まさかマジカルカタパルトが最も苦手とするスペルを入れていたとは」
「はは、偶然だけどな」
「こうなった以上、守りに入らねばこちらが不利……魔法陣回収!」

『のおっと!ホウマくん、必殺の魔法陣を回収!やはり分離パーツは諸刃の剣と判断したか!ここでバトルを振り出しに戻すのか!?』

「さらに…!」
 ウィザードはヴィクターへ正面を向けた。
「ウィザードのカタパルトは魔法のためだけじゃない、いかにディフィートヴィクターと言えど上に受け流されてはどうしようもない!」

『これは完璧な布陣だ!マインも遠く、更に最も防御力の高い向きで迎え撃つウィザードに対して、ディフィートヴィクターはなすすべがあるのか!?』

「へん!何が完璧だ!フリックスバトルは攻めなきゃ勝てねぇんだ!守りに入るのが一番弱いんだよ!!
フリップスペル!ライトニングラッシュ!!」

ライトニングラッシュ……3秒間何度でもシュートできる。

「これで横っ腹を突いてやるぜ!!」
 ディフィートヴィクターは素早くウィザードのサイドへ回り込んだ。
「甘いっ!」
 しかしホウマも負けじとステップでウィザードの向きを変えて正面に合わせる。
「回りこまなせればいけないそちらに対して、私は向きを変えるだけで対応可能。何をしようが無駄です!」
「だったらぶっ飛ぶだけだ!!」
「なに!?」
 バシュッ!!
 ウィザードのカタパルトに向けて突っ込むヴィクター。案の定ジャンプ台のようになってヴィクターは飛び上がり、ウィザードには攻撃が通じなかったように思われた。
 しかし……。
「し、しまった!」
 ヴィクターが飛んで行った先にマインがあった。
「回り込んだのはサイドをつくためだけじゃなく、マインヒット可能な線上に立つためだったと!?」
「実は半分偶然だけど、攻めてりゃどうにかなるもんだぜ!!」

『マインヒット!!ウィザード撃沈!!よって、勝者はバンくんだ!!トーナメント進出に王手をかけたぞ!!』

「バン…!」
「ヒヤヒヤさせおるわ」

『さぁ、つづいてはホウマくんとゼンくんのバトルだ!ホウマくん、ここで負けたらトーナメント進出の希望が途絶えてしまう!頑張ってくれ!!
そして対するゼンくんは、なんと名古屋地区のチャンピオンとの情報が入っている!これは激しい戦いになりそうだ!!』

 フィールドを挟んでゼンとホウマが対峙する。
「やっとオラの出番だがや」
「もう負けるわけにはいかない…!」
「わりぃけど、おみゃーの戦いぶりはじっくり観察させてもらった。オラの勝ちだがや」

 そして、ゼンとホウマのバトルが始まる。
 序盤はバンの時と同様、ゼンはマインヒットを決めるものの魔法陣に捕まってしまった。
「大口を叩いていたが、何も学ばなかったようだ。ウィザード!マジカルカタパルト!!」
 マジカルカタパルトが決まった瞬間、ゼンのフリックスの上部パーツが分離した!
 分離したパーツは紐によって繋がれている。
「マグネンサー!アンカーディフェンス!!」
「なにっ!?」
 パーツを分離させた事で衝撃を分散させただけじゃなく、紐が絡みついてウィザードと密着したままターンエンドした。

『これは凄い!マグネンサー、驚異の防御技でウィザードの必殺技を完全に封殺!!』

「ば、バカな…!」
「たまげるのはまだ早いだがや!」
 ゼンのターン、有線パーツをピンと伸ばしてフィールドに押し付け、機体本体はウィザードに接した状態でシュートを構える。
「必殺!スピニングファンマー!!」
 密着状態からの強烈なシュート!たまらずウィザードはフリップアウトしてしまう。
「だ、だが、そんなシュートしたら自分も無事では済まないはず…なに!?」

『凄まじい必殺技炸裂!!マグネンサーはフィールドに押し付けたアンカーパーツを支点にする事で強烈な遠心力でウィザードを吹き飛ばした!!勝者はゼンくん!!』

「このアンカーパーツは特殊な摩擦素材でできてる。そのおかげで自滅を恐れずにシュートができるんだがや」
「くっ!」
「とは言え、今回はオラが有利な条件のバトルだった。悪く思うながや」
 ゼンはバンの方を向く。
「オラとおみゃーは条件は同じ。言い訳できねぇガチンコだがや」
「ああ!望むところだ!!……ところで、ファンマーってどういう意味なんだ?」
「そんな事もしらねぇのか?ファンマーは名古屋語で、日本語に訳すとハンマーって意味だがや」
「へぇ〜」

 何もかもが違います。

『三つ巴のバトルもこれがラストとなるぞ!
バンくんvsゼンくん!果たしてトーナメントに進出するのはどっちだ!?
3.2.1.アクティブシュート!!』

 

    つづく

 

 次回予告

「今回の第1回グレートフリックスカップの7年も前にプレ大会が開かれた事があるらしいんだ!
そして、その初代チャンピオンとエキシビジョンマッチが出来る事になった!
おっしゃあ!今のダントツフリッカーとして、俺が倒してやるぜ!

次回『エキシビションマッチ!初代チャンピオン登場!!』

次回も俺がダントツ一番!!」

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)