クラッシュギアとブレイク轟牙 機動と攻撃の概念


ブレイク轟牙とクラッシュギア……どっちもほとんど同じやん!
と言う意見を多数見受けます

まぁ、実際そうなんですけど

ただ、この二つには、ミニ四駆とダンガンくらいには大きな、戦闘能力特性の違いがあるのです

戦闘において重要なのは、機動と攻撃……そして、それらを防ぐ要素が派生してきます
 
クラッシュギアの場合は、機動力と攻撃力が一体化してました
つまり、ウェポンの攻撃は本体の移動能力を前提としたものだったわけですね
 
ウェポン単体では大した決着力を持たず、そこに本体のスピードを持たせる事によってようやく相手を倒すだけの力を得ます

だからこそ、その動きに大きな違いを与えるためにダッシュタイプやスピンタイプと言った「動きのタイプ」が生まれ
ウェポンもそのタイプに合わせて進化していきました

クラッシュギアは本体そのものがウェポンだった と言えるのです

しかしブレイク轟牙は
ウェポン単体で大きな決着力を持っているだけでなく
本体の移動性能を高めた所でウェポンの攻撃力は一切プラスされません(現在の商品では)
どれだけ速く突進しようが、スピンしようが、ウェポンの攻撃方向的に全く影響がないのです
 
つまり、ウェポンの攻撃力と本体の移動能力が完全に独立していて
本体の移動はあくまで「ウェポンの攻撃を相手にぶつけるための要素」となっています

それ故に、どういう状況であろうとウェポンの攻撃さえ与えてしまえば大きな決着力を得られているので
常に安定して決着をつける事が出来ます

ある意味でLBXバトルストラクションに近いかな
移動と攻撃の要素を完全に独立させてるので
ブレゴは、リアルタイム制バトルストラクションと言って良いかもしれない

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)