ベイブレードバースト神(ゴッド)第27話「東京バトル!レアルVSリオス!!」


今回の舞台は久しぶりに日本!!
ってか、「日本」じゃなく「東京」ってハッキリ地名を出すの、昨今だとちょっと珍しい 
 
久しぶりの千春にトコニカ!!

そして、そして……なんと、謎の男ホウジ!!!

お、お前、メキシコにいたんじゃないのか!?
まさか、レッドアイはホウジでは、なかった……?!
 
だとしたら
なぜホウジはレアルサンバットに参戦しなかったのか?!
せめてサポーターとしてワキヤについていくと言う選択肢があったのではないか!?
 
謎は深まるばかりだ…
 
 
しかし、そんな謎よりも、謎よりも……
 

犬介再登場きたあああああああ!!!!!!
 
いろいろすっ飛ぶくらい彼の再登場は嬉しいな
ガーディアンケルベウスを早く
 
レアルサンバットのブレーダーがついに明かされた!!
誰だこいつら!!!
え、ワキヤマジで、ホウジよりもこんなどこの馬の骨とも分からん奴らを自チームの専属ブレーダーに選んだの……?
 
ジャンゴのレアルサンバット入りは割と予想通りと言うか、希望通りだったので
驚きよりも安心感が
 
 
スタン・ハンバァーーグ!!(これ、言いたかっただけだろ)
 
記者会見
チームはバラバラになったものの
 
元幼馴染
元ベイクラブメンバー
元レアルサンバットメンバー
元BCソル
 
いろんな形の旧友がそれぞれ一堂に会する
いろいろあったし、正直描写も不足してる感は否めないけれども
これでもう、物語上は過去のゴタゴタ完全解消と言う事になるのかな!
 
試合前のエキシビジョンマッチとして
ワキヤ、バルト、クミチョー、シャカの四人で無限ベイスタジアムに同時に挑む
 
誰が先に攻略するかの勝負!
 
しかし、全員が同時に攻撃して無限ベイをバースト
そして同時に弾け飛ぶ4つのベイ……結果は、運よくラグナルクにぶつかってスタジアム内に残ったヴァルキリーの勝利
 
 
純粋な実力の勝負ではなく、こういうエンターテイメント性のあるバトルも良い物だ
 
そして、ちゃんと「相手の手の内を見るために仕掛けた催し」と言う、試合に影響する戦略のおまけつきと言うのもポイント高い
 
 
生き残ったのはヴァルキリーとは言え
競技性的には格闘技と言うよりもレースに近いものがあるので
 
「誰が先に無限ベイを倒したか」って所を主張し合うのも面白い
 
そして
ワキヤ「バルト、黄山、お前ら関係ないやろ!」
バルト&クミチョー「確かに!」
 
認めるのかよ!!
このオチも良いな
 
ホビーアニメってこうじゃなきゃな!
 
 
「向こうの母ちゃんとこっちの母ちゃん、どっちが可愛い?」
 
千春さんの方が可愛いと思います
 
 
犬介再登場は嬉しいんだけど
ガーディアンケルベウスを早く…じゃなくて
 
ワキヤはともかくクミチョーやダイナが割とあっさり世界へ挑戦出来たのに対して(視聴者的には世界への敷居が低い)
犬介だけなぜか日本に留まってるのは、大人の事情を感じてなんだかなぁと 
 
 
ワキヤの家では
しっかりとさっきのエキシビジョンの研究会
いいねぇいいねぇ!ちゃんと真面目に試合のために行動してる!
 
しかも、エキシビジョンの厳密な結果はエクスカリバーの勝ちだったって言うのもよい
 
でもアレがシャカの本気なわけがないんだよなぁ
 
 
灼炎寺では
科学的に研究された特訓をするワキヤとは逆に、精神統一の修行
真逆のアプローチだが、両者ともに真剣に試合に向けて準備する姿……こういうのがいいんだよこういうのが
 

ついに邂逅した日本と世界の司会者
この感じ、メタベイのDJ対決を思い出すw
あっさりと挨拶しちゃったのがちょっと物足りないけど、DJ対決するような尺が無いな
 
 
スタンVSジャンゴ
ある意味、今回の話の主人公だよね、この二人
ってかベイバ神において陰の主人公と言うか
物語序盤からずっと続いたモヤモヤを、表面上だけでもいいからとりあえず解消するためには、この二人のバトルを見ないわけにはいかない
 
このバトルは、ベイバ神第一部の最終回みたいなもんです
 
……まさかこんなあっさり決着つけられるとは思ってもみなかったわ!
 
 
ま、まぁ、スタンの最大の標的はバルトやBCソルだもんね
そのためにBCソルを出たんだもんね、うん
 
ジャンゴ不憫だなぁ……チームとしてはリオスが勝つんだから、せめてここはジャンゴに花を持たせても良かったんじゃ……
 
 
シャカVSあたる
ってか、あたるが出んのかよ!
あたるってブレーダーとしてもホウジよりも強いの?ほんとに??
 
謎のモブブレーダーどこ行った!!
 
 
シャカVSワキヤ
 
シャーサ「ルーウェイは!?」
シスコ「あいつはなぜ出ない」
 
まだルーウェイのベイブレードは発表されてないからな!(リアル事情)
 
なんだかんだ、ワキヤはシャカに対して借りがあるんだけど
団体戦でのバトルの事も言及してくれたら嬉しかったんだけどなぁ
 
ワキヤの新必殺技
なんと、フリー回転レイヤーを使って壁と接触したまま、壁に沿って宙に浮いて壁走り!
そのまま遠心力を高めて体当たりするという
トルネードワイバーンの特徴を見事に使った面白い技
非現実で面白い動きと現実的なギミックや理屈のバランスがとてもよい!

 
その名も「スーパートルネードアタック」
 
名前はダサい
 
 
まぁ、それでも単純にシャカの方がパワーが強かったのであっさりとバースト負けなのは残念
せめて1ポイントくらい取らせてほしかったが、尺が足りないか
 
 
一方そのころ、不穏な空気のスネークピット
なんと、ボアが一人ボロボロになりながらも洞窟を進んでいる

 
「スネークピットのブレーダーたちを倒し、よくぞここまで来たな、ボア」
 
あれ、スネークピットってシャカとルーウェイが壊滅させたんじゃなかったっけ?
 
 
ともかく、最初は弱いブレーダーとして登場したボアが
成長して、アークバハムートを手にしてラスボスになるようなフラグ……
 
なんと言うか、クロビー第1期を思い出す展開だね
  
 
ベイササイズ二番www
 
 
次回予告でディープカオスの名前が!!
先に名前出しちゃっていいんだ…?




CM

ベイブレードバースト神(ゴッド)第27話「東京バトル!レアルVSリオス!!」」への2件のフィードバック

  1. 花月

    今回は色々サービスしすぎでしたね。
    コロコロで未発表なアークバハムートがデザイン込みで発表、
    次回はコロコロより早く新ベイ「ディープカオス」と来たら、
    どんだけサービスするんだと正直に思います。

    ワキヤについては無限ベイスタジアムのパワー設定を
    トリプルインパクトのパワーより上げて特訓してたら、
    結末は変わってたんじゃないかと思います。
    無限ベイスタジアムでの練習のように上手く行く保証はないですし、
    万が一の事も考えて想定以上のパワーで練習してたら、
    スーパーシールドアタックで完全にバーストさせる事も
    できたんじゃないかと思うんです。

    返信
    1. ユージン 投稿作成者

      今回はいろいろと詰め込んでくれましたね!
      詰め込み過ぎて一個一個が駆け足だったのが少し残念でしたが

      とりあえず、消化してほしい所は消化してくれたので、よかったですw

      ガーディアンケルベウスが観られればパーフェクトだった……(まだ話数はある、望みはある)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)