ボトルマンはメタベイZEROGやダンガンレーサーに近い理論で発展しそう


先日発表されて未だ興奮冷めやらぬ新ホビー、ボトルマンですが

新作でありながら新作ではないこの感じはダンガンレーサーやブレイク轟牙を彷彿とさせますし
新作じゃないけど新作みたいなものって感じはメタベイZEROGを思い出しますよね

と言うわけで、技術の発展の仕方もこれらに近いものになっていくんじゃないかと予想します

例えば

メタベイとメタベイZEROGで、同じシャープボトムを使っても
通常は持久型だけど、ZEROGだと防御型として運用される様な感じですね

ボトルマンの場合は、ビーダマンだとトリックプレイとして扱われるスピンポールが
ボトルマンだと王道なパワータイプのギミックとして扱われる様なものですね

ミニ四駆ダンガンだと、前輪に装着して安定性を高めるダンガンのメタルスキッドホイールがミニ四駆ではマスダンパーとして流用されたり

クラギブレゴは、どちらもスピンカスタムはあるものの
クラギはスピンで相手を弾くため、ブレゴはスピンで攻撃をかわして反撃するためという風に役割が違ったり

こんな風に
ボトルマンも
『ビーダマンのノウハウが通じる様で微妙に通じない』
新しくないようで全く新しい

そんな不思議な体験を我々に与えてくれるような発展をすると
今から楽しみにしています

 

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)