弾突バトル!フリックス・アレイ 第42話


第42話「エキシビションマッチ!初代チャンピオン登場!!」

 

 決勝トーナメント進出をかけ、名古屋地区チャンプのゼンとバンの戦いが始まった!
 まず、アクティブシュートでバンが先手を取る。
「スピニングファンマーは強力だ。一気に決めないと!」
 バシュッ!
 バンは速攻で決めるべく、マグネンサーへ強シュートを放つ。
「アンカーディフェンス!!」
 マグネンサーはまたもパーツ分離によって衝撃を吸収してしまった。
「くそっ!」
「いい位置だがや!」

『ゼンくん、必殺技の構えだ!バンくんは防ぎきれるのか!?』

「あの技はどこ飛ばされるかわからねぇ…!けど、防ぐしかない!!」
 気合いと覚悟を込めてバリケードを構えるバンへリサから声が飛んできた。
「バン!バリケードじゃなくてステップで逃げて!」
「リサ…!あっ、そっか!」

 バンは構えていたバリケードでヴィクターボディ上部を引っ掛けて移動し、マグネンサーから離れた。

「ちっ、スピニングファンマー唯一の欠点に気づいたがやか!」
「ああ!スピニングファンマーは準備に時間がかかる上に射程が短い、ステップで離れれば通じないんだ」
「大したもんだがや。でも、そのくらいの欠点、オラが対策してないわけがないだがや!」
「何!?」
「一先ず、ここはマインヒットだがや」
 マグネンサーは有線パーツをぶん回しながらスピンする事でマインヒットした。
「くっ!だったら俺も!!」
 バンも負けじとマインヒットするだが…!
「かかったな!」
「しまった!」
 マインヒットは成功したものの、マグネンサーの紐に絡んでしまった。
「敵機との接触状態じゃステップは使えない!」
「くっ!」
「喰らえ!スピニングファンマー!!」

『スピニングファンマー炸裂!!バンくん絶体絶命か!?』

「くっそおおお!!!!」

 パキィィン!!
 バンはどうにか気合いで素早くバリケードを動かして耐えきった。しかし、その衝撃でバリケードが壊れてしまった。壊れたバリケードはダストゾーン行きだ。

「やるな。だがもうバリケードは回収するまで使えない!次で決めるだがや!!」
「バリケードがないとステップも使えない…!だからって回収するのにターンを使ってたらそれこそ勝ち目がない!このターンで決めねぇと!!」
 グッ!とシュートの構えを取る。
「あ、待てよ…どうせバリケード使えないならこいつ使えばいいじゃん。
フリップスペル発動!デスペレーションリバース!!」
「なに!?」
「へへへ、お前攻撃力凄そうだったからな。パワー勝負するつもりでこのスペル入れてたんだ!」

 バンの目の周りに闇の瘴気が纏わりつき、視界を奪う。
 デスペレーションリバース……視界を遮った状態でシュート。自滅を無効にできる代わりにバリケードを失う。

「いくぜ!アンリミテッドブースターインパクト!!」
 限界を取っ払ったシュートがマグネンサーへと向かっていく。
「くっ!マグネンサーはステップと相性が悪いだがや!
アンカーディフェンスで耐えろ!!」
「そんなもん、関係ねぇ!!」
 バッ!
 ディフィートヴィクターはマグネンサーと絡みついたまま勢い衰えずにそのまま場外。
 本来なら自滅だが、デスペレーションリバースを使っているため自滅は無効となり、マグネンサーのフリップアウトのみが有効となった。

『決まったぁ!!土壇場の逆転勝利!絶体絶命の危機をフリップスペルを使った超必殺でバンくんが挽回!!
決勝トーナメント進出はバンくんに決定だ!』

「おっしゃあ!!!」
「オラの完敗だ。おみゃー、なかなかつえーだがや!」
 ゼンの差し出した手をバンは強く握った。
「へへっ、なんたって俺はダントツ一番だからな!!」
「1番って、予選は8位通過だがや」
「うっせ!細かいことは良いんだよ!」

 こうして、無事予選通過も決まり、いよいよ決勝トーナメントとなる。
 バンはリサ達のところへ戻った。

「やったね、バン!」
「おう!ま、ザッとこんなもんだぜ!」
「なにがこんなもんだよ」
「かなりの苦戦じゃったじゃろ」
「勝っちまえば良いんだよ!勝てばダントツ!」
 そんな和気藹々としているところでバトルフリッカーコウがステージでアナウンスを始めた。

『さぁ、これでついに選ばれし戦士が決定した!
この8名の中で最強のフリッカーを争ってもらうぞ!!』
 さすがにいざ決戦が迫っているとなると緊張感が増すのか、会場内が静まり返る。
 武者震い、緊張、殺気立つもの…選手も観客も和やかな雰囲気が一気に消えてしまった。
(さすが、日本一のフリッカーを決めるとなると皆心中穏やかにはなれないようだな。でも、それだけじゃ良いバトルは出来ない)
 バトルフリッカーコウはそう心の中でつぶやきながら話をつづけた。
『それでは早速トーナメントスタートと言いたい所だが、実は今大会はスペシャルゲストに来ていただいている!』

「スペシャルゲスト?」

『7年前に行われたグレートフリックスカップのプレ大会!即ち第0回大会の覇者、寺宝カケタ選手です!!』

 ステージに大学生くらいの男の人がおずおずと現れた。

「あ、どうも、紹介に預かりました。寺宝カケタです。フリックスは引退してずいぶん経ちますが、今日は初代チャンピオンして皆様と素晴らしい時間を過ごせればと思います」

 無難な挨拶に対して騒然とする場内。

「え、フリックスって7年前からあったの?」
「そもそもプレ大会ってなんだよ、これが第1回じゃないの?」
「なんで第0回から第1回大会まで7年も空白が?」

『皆!静粛に!せっかく今回初代チャンピオンに来ていただいたんだ!ただ観戦してもらうだけじゃ物足りないだろう?
という事で、決勝トーナメントの前座としてエキシビションマッチを開催します!!
寺宝カケタ選手へ挑戦する事が出来るぞ!!もちろん、トーナメントに参加出来なかったフリッカーもOKだ!!』

「初代チャンピオン……って事は、最初にダントツ一番になったって事だよな。よーし!」

 真っ先にバンが名乗りを上げた。

「はい、はーい!俺!俺がやる!!」

『おっ、さすが段田バンくん!じゃあ早速ステージへ来てくれ!!』

 ステージ上のフィールドを挟んでバンとカケタが対峙する。
「よろしく、バンくん」
「おう!初代ダントツ一番がどれだけ強いか楽しみだぜ!!」

『それでは早速始めよう!機体とマインをセットしてくれ』

 バンとカケタがフィールド上にマインと機体を置く。
「そ、その機体は…!」
 バンはカケタの機体を見て驚愕した。
「これが僕の愛機、リベリオン・サークルさ」
 カケタの機体はその名の通りまん丸な円盤状の機体だった。
「そ、そんな単純な形で本当にフリックスなのか!?」
「そう、フリックスはおはじきから様々な形状に進化してきたホビーだ。でも、僕はその進化に抗って原点を追求した。
それが、進化への反逆!リベリオン・サークルなのさ」
「進化への反逆…?へんっ、でも進化してる方が強いに決まってるぜ!」

『それじゃ行くぞ!アクティブシュート!!』

 バーーーン!!!
 まず、最初のアクティブでディフィートが先手を取った。
「おっしゃ!まずは俺から!!」
 バシュッ!カキンッ!!
 ディフィートヴィクターの剣先は、リベリオンの丸い形状によって受け流されてしまった。
「なに!?」

「す、すごい!完全な円形だから全方位防御出来るんだ…!」
 リサが戦々恐々としながら解説した。

「でも、受け流し形状って事は攻撃力は大したことないはず!」
「どうかな?」

 バキィ!!
 リベリオンの攻撃がディフィートヴィクターを大きく飛ばす。フリップアウトはしなかったもののマインに当たってしまった。

「な、なにぃ!?」
「どうだい、おはじきの原点の攻撃は?」

 驚くリサ。
「か、完全な円形だからどこに当たっても安定してパワーを伝える事が出来る……ある意味、フリックスの究極の形なのかも」

「究極のフリックスか……さすが初代チャンピオンだぜ!でも、俺だってダントツ1番なんだ!!」
 バンは左腕を突き出して狙いを定めた。
「全方位安定して防御力も攻撃力もあるって事は、こっちにとっても全方位に弱点があるようなもんだ……!
だったら俺はこの技で!!」
「一体、どんなシュート方法なんだ?」
「いっけぇ!!!」

 かつて遠山フリッカーズスクールに潜入した時に身につけた、左腕の影をサイトがわりにする事で正確にシュートする技で、バンはリベリオンの重心を捉えた!
 パッカーン!!と飛ばされたリベリオンはそのままマインに当たる。

「なるほど、確かに。いかに円形と言えど、重心を突かれたら飛ばされるしかない。けど、正確に撃つ為には君も威力を抑えないといけないみたいだね」
「くそ、このシュート方法じゃパワーが出せねぇ…!」
「それじゃ、こっちから行かせてもらうよ!」

 バーーーン!!
 リベリオンの強烈なシュート!しかしどうにかバリケードで押さえ込み、密着した状態でバンのターンになった。

「やるね」
「でも、ここからどうすりゃ……あ!」
 バンは、リベリオンのボディが僅かにディフィートヴィクターのフロントに乗り上げている事に気付いた。
「こうなりゃ、一か八かだ!」
「何をする気だ…?」
 バンはディフィートヴィクターのシュートポイントの上部に指を添え、そのまま下に向けて思いっきり力を加えた。
「ジャッキアップスロー!!」
 ディフィートヴィクターのフロントが勢いよく持ち上がる。そして、その上に乗っていたリベリオンは放り投げられてしまった。
「なっ!?」
 リベリオンは横向きに着地し、そのままコロコロと転がって場外してしまった。
「おっしゃぁ!!」

『決まったァ!!リベリオン転がってフリップアウト!勝者はバン君だ!』

「まさか、リベリオン最大の弱点を突かれるとは……完敗だ。さすが現役フリッカーだ」
「へへっ、初代チャンプも強かったぜ!それに、なんかすげぇ楽しかった!!」
 バンとカケタは硬く握手して、バンはステージを降りた。

「お疲れ様、バン」
「おう!いやぁほんっと楽しかった!なんか攻撃しても防御しても思いっきり出来てスッキリした!」
「あの形状はただ強いだけじゃなく、マトとして遊んでも優秀なのかも…だから何よりも戦って楽しい相手なのかもしれないね」
「あぁ、なんか勝ち負けよりも楽しいって思えたの、久々かもしんねぇ」

『さぁ、エキシビジョンはまだまだ続くぞ!次に対戦したい人は誰かな!?』
「リベリオンもまだまだ種類がいっぱいあるよ!三角形のリベリオンルーロに、薄くしたセンベリオン、軽くして羽を内蔵したリベリオンフェザー、薄さと重さとグリップ力を兼ね備えたリベリオンG、逆に分厚くしたオレオレオ……」
 カケタは様々な円形フリックスを取り出した。

「げぇ、どんだけ作ってんだ…!?」
「ふむ、フリックスはちょっとした形状や重心違い、素材によっても大きく性能が変わるからのぅ」
「様々な試作機を用意する労力を惜しまないというのもチャンピオンになる秘訣なのかも」
「俺はヴィクターがあれば十分だけど、そういうフリッカーもいるのか」
 バンみたいな一機入魂型もいれば、数を用意して戦力増強するフリッカーもいる。
 ダントツへの道は一つではないのだ。

『それでは、対戦希望者は名乗りを上げてくれ!!』

「「「はいはいはいはいはーーーい!!!」」」

 先ほどの戦いに触発されたのか、会場にいる大勢のフリッカー達が一斉に声を張り上げた。

 その様子を遠山段治郎が運営の席から眺めていた。

「ほぅ、さっきまでトーナメントに向けて硬くなっていた場内の緊張が解れて活気に満ちとるわい。
ふぉっふぉっ!初代チャンピオンを呼んだ運営の判断は正解だったようだ。
これで、ワシの野望通りのバトルになる」

 活気に満ちている場内とは裏腹に、段治郎は黒い笑みを浮かべるのだった。

 

    つづく

 

 次回予告

「さぁ、いよいよ決勝トーナメントスタートだ!俺の一回戦の相手は、関西地区チャンプのやまと!奴の使うフリックスは、他のフリックスの力を自分のものに出来るんだ!
そんなのありかよ!

次回!『決勝トーナメントスタート!』

次回も俺がダントツ1番!!」

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)