弾突バトル!フリックス・アレイ 第7話 改訂版


第7話「流浪のフリッカー出現!野生のオフロードバトル!!」

 

 ある日の下校風景。
 バンとオサムとマナブが三人で並んで帰路についていた。

「それにしてもバンのドライブヴィクターほんと強いよなぁ」
 三人の話題は、ドライブヴィクターについてだった。
「おう!Mr.アレイとのバトルで使いこなし方も分かってきたし、ますます俺がダントツ一番だぜ!」
 バンはドライブヴィクターを取り出して二人に見せびらかす。
「今日の昼休みもバンの連戦連勝だったからなぁ。ちょっとずるいぜ」
 一人だけ市販品じゃなく特殊なワンオフものを使うというのは少しフェアじゃないかもしれない。
「なははは!でも、使いこなすの結構難しいんだぜ」
「確かに、昼休みに一回撃たせて貰ったけど、僕達じゃまともにシュートできなかったからね」
「だあぁあぁ!ますますバンが強くなるじゃねぇか!」
 マナブの言葉を聞いてオサムは頭を抱えて唸りだした。
「まっ、ドライブヴィクターも完全に使いこなした事だし。これで俺が正真正銘ダントツってわけさ!リサにだってもう負けねぇ!」
「うん、これで互角だね。あ、でも油断しない方がいいよ」
 突然、マナブの口調が重くなる。
「ん、どうしたんだよ?」
「ちょっと、最近、嫌な噂を聞いたんだ」
「噂?」
 バンとオサムが首をかしげた。
「二人とも流浪フリッカーの話って知ってる?」
「流浪フリッカー?」
「なんだそれ?」
 二人が首を傾げる。
「なんでも、強いフリッカーを求めて全国を旅しているフリッカーらしいんだけど。先日、隣町のチャンピオンがそのフリッカーに負けたらしいんだ」
 仰々しく語るマナブに、オサムは身震いした。
「ひゃ~おっかない話だなぁ」
「そいつ、強いんだなぁ。一体どんな戦い方してるんだろう?」
 バンの興味はまだ見ぬフリッカーの戦い方だ。
「詳しくは分からないけど、ただ奴が指定するフィールドが一癖あるらしいんだ」
「フィールドかぁ。なんか変な仕掛けしてるんじゃないだろうなぁ?」
「さぁ、そこまでは。ただ、隣町まで来てるって事はこの町に来ても不思議じゃないからね。注意しないと」

「あぁ、あんま係わり合いになら無い方が良さそうだな」
「何言ってんだよ。全国を旅して修行してるような奴なんだろ?!俺は是非戦ってみたいねぇ!」
 オサムとバンの意見は正反対のようだ。
「相変わらず物好きだな、バンは」
「そういうんじゃないけどさ。やっぱ強そうな奴とは戦ってみたいじゃん!」
「でも得体の知れない奴なんだぜ。関わってもしもの事があったらどうすんだよ」
「そん時はそん時だよ。イチイチビビッてたら戦えな……おっ!」
 ドンッ!
 オサム達との会話に夢中になって前を見てなかったバンは、前方にいた男の人にぶつかってしまった。
「あ、ごめんなさ……おぉう!」
 反射的に謝りながらその人を見ると……その見上げるほどの長身っぷりに驚きの声を上げてしまった。
 しかもその人物、デカイだけでなく、服はボロボロの継ぎ接ぎだらけ、髪は伸ばしっぱなしの、まるで浮浪者のような格好をしていた。
「バ、バン、もう行こうぜ」
 あまり関わらない方がいいだろうと思ったオサムがバンを先へ促す。
「あ、うん」
 バンもいそいそとその人の横をすり抜けて歩みを進める。
「待ちたまえ!!!」
 そんなバンたちの背中に向かって、男は大声を上げた。
 ビクついて立ち止まる三人の前に、つかつかと男は歩んできた。
「お前達、フリックスは知っているか?」
「あ、あぁ……」
 その男の迫力にたじろぎながらも応える。
「ならば、この町で一番のフリッカーは?」
 そこまで聞いて三人はピンと来た。
 噂をすれば影と言うやつだ。
 この男は、あの流浪のフリッカーだ。

 三人はこそこそと話す。
「なぁ、こいつ、マナブが言ってた……」
「うん。まさかほんとに現れるなんて……」
「ここは適当に嘘付いてやり過ごした方が良さそうだぜ。なんかめんどそうな奴だし」
 と、マナブとオサムが話している間に

「この町一番のフリッカーはこの俺だ!!」
 バンがその男に話していた。
「「ええええええええ!!!」」
 オサムとマナブは素っ頓狂な声を上げてバンを引っ張る。
「おい、バン!どういうつもりだ!!」
「どういうも何も、俺はほんとの事を言っただけだぜ!」
 オサムの非難に、バンはシレッとする
「そうじゃなくて、なんであんな怪しげな奴と……」
 オサムが言い切る前に、男が声をあげる。
「そうか!お前がこの町一番のフリッカーか!」
 それに応えるようにバンがオサム達を押し退けて前に出る。
「おう!!最強のフリッカー、段田バン様だ!」
「バンと言うのか!俺の名は、鷺沢操(さぎさわみさお)!全国を旅してフリックスバトルの修行をしている者だ。段田バンよ、貴様に挑戦状を叩きつける!!」
 操が、デカイ人差し指をバンに突きつける。
「ああ!望むところだぜ!!」
 二人はなかなかに気が合うようで、なんだかドンドン話が進んでいっている。

 危機感を覚えているのはマナブとオサムだけである。
「お、おいマナブ、まずいんじゃないか!?」
「う、うん。だけどもう止められそうにないよ」
 二人してアタフタと話し合うのだが、操とバンはもうバトルする気満々なようだ。
 オサムとマナブは、もう事の成り行きを見守る事しかできない。

「早速バトルだ!場所はどうする?」
「丁度いい戦場がある。ついて来い!!」
 言って、大男は歩いていく。
「おう!!」
 バンも意気揚々とその後についていった。

「あ、バン!」
「ま、待って!」
 オサムとマナブも慌ててその後を追った。

 操が連れてきた場所は、町外れの河川敷だった。
 大橋の下には、いつの間に立ててあったのか、テントと焚き火の跡があった。
「ここは今の俺の塒だ」
「今の……」
 操の発言が一瞬分からなかった。
「いろんな町を転々としているからな」
「あぁ、なるほど」
 流浪のフリッカーなら、塒は常に変わっている。
 今の操はここを拠点に活動しているようだ。

「「バーーーン!!」」
 と、遠くからオサムとマナブが叫びながら走ってきた。

「オサムにマナブ、お前らも来たのか?」
 バンの所までやってくると、オサムとマナブは肩で息をして呼吸を整えた。
「来たのか?はねぇだろ……勝手に先に行きやがって」
「い、一応、心配だから見にきたんだ」
「そっか、ごめんごめん」
 バトルの事ばっかり考えて二人の事が頭から抜けていた事をバンは謝った。
「はっはっは!ギャラリーも揃った所で、始めるかぁ!!」
 操が豪快に笑いながら言う。
「ああ。でも、フィールドは?」
「ふふふ……お前の目は節穴か?ここにあるであろう!!」
 と、操は河原の大きな石が積まれている場所を指差す。
 だが、三人にはそこにフィールドがあるようには見えない。
「なんだよ、でっかい石しか無いじゃん……」
 だが、マナブがある事に気付く。
「ん……まさか、あの石?」
 マナブの視線の先には、平べったくて一際大きな石があった。
「気付いたようだな。そう、あそこの平らな石がフィールドだ!」

「「「なにぃ?!」」」
 操に言われ、三人は驚きの声を上げた。
「まさか、自然を利用したフリックスフィールド……そんなものが……!」

「何を驚いておる?俺は常に旅をしてきた。長い旅路にフィールドのような大荷物は持っていけないし、旅先でまともなフィールドがあるとも限らない。いつでもどこでもバトルが出来るように、自然の中からフィールドを見出すのは造作も無い」
 操は当たり前のように言っているが、普段整地された人工のフィールドでしか戦わないバン達にとっては新鮮だ。
「へぇぇぇ!すっげぇ!本当にすげぇ!こんなところでもフリックスバトルできるんだぁ!!」
 バンは、操が指定したフィールドをジロジロと眺めながら興奮した。
「へっへへ、頑張ろうな!ドライブヴィクター!!」
 バンはドライブヴィクターを取り出して、気合いを入れた。
「ほう、なかなか良いフリックスだな。オリジナルか?」
 操が興味深げにドライブヴィクターを見る。
「ああ!世界に一つだけの相棒!ドライブヴィクターだ!!」
「なるほど、面白い」
 自慢げに話すバンに対し、操はニヤリと口元を緩ませた。
「んで、お前のフリックスは?全国を旅してるってんだ、きっとすげぇフリックスなんだろ?」
「これだ」
 操が巾着袋からフリックスを取り出す。
「俺の愛機、カラミティ・デスガランだ!」
 操の取り出したフリックスは、継ぎ接ぎだらけでお世辞にも整ったフリックスとは言えないものだった。
「な、なんか凄い変な形してるなぁ」
「うん、何かを切り貼りしたみたいな……」
 カラミティ・デスガランを怪訝そうに見る三人に対して操は言う。
「それは当然だ!こいつは、今まで倒したフリッカーから奪ったフリックスの良いとこどりをして切り貼りしたフリックスなのだからな!」
 操の発言を聞いて、バン達は更に驚く。
「な、なにぃ!?奪っただとぉ!?」
 バン達の反応に対して、操は淡々としている。
「それがどうした。勝者は敗者から全てを得ることができ、敗者は全てを失う……当然の摂理ではないか」
 なにも悪びれない操に対し、バンは怒声を上げる。
「ふ、ふざけるな!フリックスは大事な相棒だぞ!たった一回バトルに負けたからって奪っていいもんじゃない!!」
「つまり、お前はバトルに勝っても何も得ないと言うのか?」
 バンの怒声を聞き、操は侮蔑の視線をバンに向けた。
「当たり前だ!俺達のフリックスバトルは、そんな事のためにあるんじゃねぇ!!」
 その視線を跳ね返すようにバンは更に声を荒げた。
「甘いな。この世の中は弱肉強食。強いものが弱いものを糧にして、更なる力を得る仕組みになっている」
「だから相手のフリックスを奪ってもいいってのかよ!冗談じゃねぇ!!」
 激怒するバンの肩をオサムが掴む。
「バン、やめとけ。やっぱこいつヤバイ奴だ。バトルは……」
 制止しようとするオサムだが、バンはオサムの手を払いのける。
「さぁ、勝負だ!お前なんかに負けるか!!」
 バンはヴィクターを突きつけて啖呵を切った。
 操はそれを見てニヤリと笑う。

「あっちゃ~……」
 制止を振り切られ、オサムは額を押えた。
「まぁ、こうなった以上止めるのは難しいだろうね」
 マナブは、この戦いを見守る決意をしたようだ。
「そうだな……」
 オサムもバンを止めるのを諦め、傍観に入る。

 バンと操が平らな岩を間に対峙する。
「「3.2.1.アクティブシュート!!」」
 シュンッ!
 二機のフリックスが中央で激突し弾ける。ドライブヴィクターの方が若干進んでいる。
「ほぅ、やるな。お前の先攻だ」
「けっ、狙いやすい位置だぜ!」
 バンは、ヴィクターを岩のフィールドに置いて、狙いを定めてシュートする。

 シュッ、ガガガッ!!
「っ?!」
 しかし、シュートした瞬間、ヴィクターの動きは大きくブレ、狙いがそれるどころか届きもしなかった。
「な、なんだぁ?!どうなってんだよ……!」
「威勢が良い割には、腕は良くないみたいだな」
「ぐぐ……!」
 次は操のターンだ。
 操はじっくりとヴィクターに狙いを定めてシュートする。
「終わりだ!」

 ガッ!
 見事その攻撃は見事マインヒットする。これでドライブヴィクターのHPは残り2だ。
「ああ!」
「まずは一ダメージだ」
「そんな……!」

 その様子を見ていたオサム達も驚きを隠せない。
「なんでだ?あのバンのシュートが、相手に届きもしないなんて」
「ヴィクターのあの動き……そうか!」
 マナブは何かに気付いたようだ。
「なんだ?」
「あの岩のフィールドが曲者なんだ。どんなに平らって言っても、自然に出来た岩の表面はどうしてもゴツゴツしてて粗い。しかもプラスチックのフィールドと比べて摩擦抵抗の高いから、ヴィクターの機動力が著しく下がってしまったんだ!」
「でも、あの操って奴は普通にシュートしてたぜ」
「きっと、シャーシをローグリップタイプにカスタマイズしてたんだ。そして、ウェイトもライトタイプにしているんだと思う」
「ウェイトを?」
「うん。フリックスの重量規定は72gまでだけど、普通はみんなギリギリの重量に調整するよね」
「そりゃ、重い方が攻撃力も防御力も強いからな」
「だけど、摩擦力が強いこのフィールドは重くするより軽くして機動力を稼いだ方が有利なんだ!」
「な、なるほど……!」

 オサムとマナブの会話は操とバンの耳にも届いている。
「ほう、見事な分析だ」
「くっそぉ、カスタマイズなんて全然考えてなかった!」

「バン!ピットインだ!セッティングを変えないと不利だ!!」

「よ、よし!」

 ピットイン……シャーシ及びシャーシに取り付けているウェイトやシュートポイントを交換し、ターン終了する行為。当然レギュに収めないといけない。

 バンは、ヴィクターをバラして中のウェイトをヘヴィからライトに交換する。
「これでバッチリだぜ!」
 カスタマイズ完了。
「だが、それも無駄に終わる」
「なに、どういう意味だ!」
「今に分かる」
 と言いながら、操はチラッと空を見上げる。
 先ほどまでピーカン晴れ空には、少しずつ暗雲が立ち込めていた。

「さぁこい!マインは遠いぜ!バリケードで耐えてやる!」
 ピットインしたため、再び操のターンだ。

 しかし、操もシュートをしなかった。

「俺もピットインだ」

「なに…?」

 カチャカチャとデスガランのパーツを変更する。

 そしてバンのターンだ。

「何企んでるか知らないけど、このカスタマイズなら行けるぜ!!」

 シュッ!バキィ!!
 先ほどとは違い、上手くシュートできてマインヒットした。
「おっしゃ!カスタマイズは成功だ!これで互角だぜ!!」
「それはどうかな?」
 操のターン。狙いを定めてシュートする。

 ガガッ!
 しかし、操のシュートは先ほどのバンのように安定しないものだった。当然ヴィクターに攻撃が届かない。
「なんだぁ?シュートミスかよ!」
 相手のミスを笑うバン。しかし、操の表情には余裕がある。

 それを見抜いたマナブは思案する。
「なぁ、今度はバンの方が優勢じゃないか?」
 オサムがそんなマナブに話しかける。
「いや、これは……操は、ウェイトを規定ギリギリにして、シャーシをハイグリップタイプにカスタマイズしてる!?」
「え、なんでだよ?さっきのカスタマイズがこのフィールドじゃベストだったんじゃないのか?」
「分からない。だけど、こういった状況を熟練している彼だ。きっと何かある。バンッ!気をつけて!!」
 嫌な予感がするマナブはバンに声援を送る。

「けっ、問題ないぜ!どーせ、俺と同じカスタマイズじゃ勝てないと思ってセッティング変えただけだろ!すぐに決めてやるぜ!」
 意気揚々とヴィクターの向きを変えつつ狙いを定める。
 と、その時……。

 ポツ……ポツ……と雨粒が落ちてきて。

 ザアアアアアアアアア!!!と土砂降りになった。

「あ、雨だ……!」
「大丈夫か、バン」
 マナブとオサムが心配する。

「こんな雨くらいどうって事ねぇ!いっけぇ!ドライブヴィクター!!」

 バシュッ!シュパアアアアアア!!!!

 バンのシュートによってヴィクターが雨粒をフッ飛ばしながらカッ飛んで行く。
「いけえええええええ!!!!」

 ガッ!!!
 ヴィクターは見事デスガランにヒットする。
 しかし……。

「いいっ!?」
 ヴィクターのアタックを受けたにも関わらず、デスガランはあまり動かなかった。
 それどころか、ヴィクターがリコイルで跳ね返され、ツルツルと滑っていく。
「うわわ、止まれヴィクター!!」
 なんとか、フィールドの端で止まる。
「ふぃ~、危なかった……でも、なんでだ?ヴィクターのセッティングはフィールドに合ってるんじゃないのか?」
 バンの疑問にマナブが答える。
「雨だ!岩の上に溜まった水が、ヴィクターのシャーシ裏側に薄い膜を作って、極端に摩擦抵抗をなくしている!そのせいで滑りすぎてヴィクターの攻撃力がなくなってるんだ!」
「な、なんだって?!」
 マナブの解釈に操が更に付け加える。
「そして、デスガランはヘヴィウェイトをつける事でこの雨の中でも十分な防御力を得ている。野外でのバトルは常に状況が一変する。一つのセッティングがいつまでも通じる道理は無い!」
 操の発言には確かな説得力があった。
「なるほど、さすがは百戦錬磨の流浪フリッカー。彼は旅を通じてさまざまな状況でのバトルを経験している。環境変化への状況判断はピカイチなんだ」
恐るべし、鷺沢操……!

 そして、操のターンだ。
「ヴィクターは虫の息……決めるぞ、デスガラン!!」
 ヴィクターに狙いを定める。
「こ、このままじゃ……!」
 追い詰められるバン。
「ゆけぃ!!」
 操のシュート。勢い良くデスガランがヴィクターに向かってくる。

「くそっ、ありったけの力で防御するしかねぇ!」
 バンは気合いを込めてバリケードを構える。
 しかし……。
「いや、防御しない方が良い!!」
「え?」
 突如のマナブからの言葉に気を取られたバンはバリケードを離した。
「あ!」

 ガッ!
 防御力を解いてしまった状態で、デスガランの攻撃がヒットする。
 当然、ヴィクターは大きく飛ばされて場外してしまう。

「う、嘘だろ……!」
「フリップアウトで俺の勝ちだ!」
 操が勝利を確信する。しかし……。
「いや、まだだ!」

 ギュルルルル!!!
 ヴィクターをブッ飛ばしたデスガランの勢いが止まらない。
「なにっ!」
 そう、敢えてバリケードを外したことで、攻撃後のデスガランの勢いがあまり減らなかったのだ。
 デスガランはそのまま勢いよく場外してしまう。

「同時、場外……でも、この場合は判定でシュートしたフリックスの自滅でフリップアウトは無効になる」
 オサムが呆然と呟いた。
 そう、シュートしたフリックスが自滅した場合はフリップアウトもマインヒットも無効となり、自滅した機体だけ1ダメージ受ける。

「ふぃ……」
 バンはホッと一息つく。
「……首の皮一枚繋がったか」
 操はゆっくりと地に落ちたデスガランを拾う。
「だが、次で終わりだ!」
「そうはいくかっ!」

 仕切り直しアクティブシュート。

「頼むぜ、ドライブヴィクター!絶対に負けられないんだ!!絶対に!!!」
 先攻は気合いでバンが取った。
 ピットインして、セッティングを変更してターン終了する。
「わざわざ貴重なターンを消費してまでセッティングを変えるか」
「へんっ!HPにはまだ余裕あるんだ!次のターンで倒してやる!!」
 操のターン。
 目の前にいるヴィクター目掛けてデスガランで攻撃する。
 バキィ!!
 デスガランの攻撃を受けて飛ばされてマインヒットを受けたヴィクターだが、位置的にフィールドの真ん中に飛ばされてしまう。
「よし、マインヒットされたけど、良い位置についた!決めるぜ」
「それは無理だ!フリップマインは遠く、そしてフリップアウトも難しいこの状況では決まらない!!」
「いや、決める!!俺は、負けるわけにはいかないんだ!!」

 バシュッ!!
 バンのシュートがデスガランを攻撃する。

 デスガランはヴィクターの攻撃に勢い良く飛ばされるもののバリケードによってフィールドの端でなんとか踏みとどまった。
「いい攻撃だが、残念だったな!次のターンで俺の勝ちだ!」
「まだまだああああ!!!」

 キュルルルル!!!

 ドライブヴィクターはバリケードに支えられたデスガランにぶつかった反射によって勢いが消えておらず、更にフィールドの凹凸も相まってランダムな方向へ滑っていた。

「な、なに!?なんだこれは!!」
 今まで見た事の無い現象に、操は動揺する。
「そうか!バンはあの時シャーシをローグリップタイプにしてたのか!!重量の慣性と摩擦抵抗の低さで勢いが続いてる上に、凸凹なフィールドのおかげで軌道が変化してるから場外もしてない!」

「バカな!この状況でローグリップだと!!自滅が恐ろしくないのか!?」
「これが、俺とドライブヴィクターの絆だあああああ!!!!!」

 バーーーーーン!!!

 ランダムに滑ったおかげでマインに当たりマインヒットでデスガラン撃破、ドライブヴィクターは場外せずに停止した。

「……バカな」
 操はデスガランを拾おうともせず、呆然と立ち尽くした。

「「やったあああ!!」」
「やったね、バン!!」
「すげぇぜ!!」
 バン、オサム、マナブの三人は腕を組んで小躍りしながら勝利を味わう。

「……」
 操はその様子を見るでもなく、ただただ惚けていた。
「操」
 そんな操に、バンはデスガランを拾って、差し出した。
「……」
「良いバトルだったぜ!」
 バンは操にデスガランを差し出すのだが、操はそれを受け取ろうとしない。
「それは、受け取れん」
「え?なんでだよ、お前のフリックスだろ」
「俺はバトルに負けた。それは、もうお前のものだ」
 操が自分で定めたルールに則れば、負けた操のフリックスはバンのものになる。
 しかし……。
「俺は、厭だ!」
 バンはそれを拒否した。
「何故だ?そのフリックスは、負けてしまったものの、性能は決して低くは無い。少なからずお前の力になるはずだ」
「そうじゃない!俺は、またお前と!カラミティデスガランを使うお前と、もう一度戦いたいんだ!これを奪っちまったら、戦えなくなるだろ!?」
「なんだと……?負かした相手と、また戦いたいと言うのか?」
バンの発言が信じられないと言う顔をする操。
「ああ!だって、俺に負けたお前は、もっともっと強くなろうとするはずだろ!だから、次に戦う時はもっと強いお前と戦えるんだ!なのに、そのチャンスを奪うなんて、勿体ねぇよ!」
「……」
 それを聞いて、ようやく操は理解した。
 バンの気持ちを。何故、フリックスを奪うのが間違いだと言ったのかを。
「そうか……」
 操は、バンからデスガランを受け取ると、静かに踵を返して歩いていった。
「あ、操!」
 バンは慌てて呼びかけたが、操は振り向きもせずにそのまま立ち去ってしまった。

 降りしきる雨の中、一人橋の上を歩く操は、バンの言葉を思い返していた。

 ”次に戦う時は、もっと強いお前と戦えるんだ!”

「得るためではなく、戦うために戦う……それがあいつの強さか」
そう呟いた操の表情は穏かだった。

 

          つづく

 

次回予告




BGM:フリー音楽素材 Senses Circuit

 

 

炎のアタッカーユージンの競技玩具道場!フリックスの特別編

 

うっすユージンだ!元気にフリックスやってるかな?

今回の話の肝は、フリックスのカスタマイズ!!

フリックスは、ボディ、シャーシ、ウェイトの三つの要素で出来ていて、それぞれを組み替える事が出来るんだ。

ボディは攻撃力や防御力が関わってくるし、シャーシは移動特性、ウェイトは重量を変えられるぞ

状況に合わせてベストのセッティングにする事が勝利の秘訣ってわけだ!

 

そんじゃ、今回はここまで!

最後にこの言葉で締めくくろう!

 

本日の格言!

『セッティングに最強は無い!状況判断を忘れるな!!』

 

この言葉を胸に、皆もキープオンファイティンッ!また次回!!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)