ベイブレードバーストDXスターター エースドラゴン.St.Ch.斬


祝!新シリーズ!!
これが第一弾の新主人公機だ!!

中身

エントリーランチャーなんかじゃない!
まともなランチャー付きだわ、カスタム用のパーツ付きだわで超豪華!
これで2700円ならまぁ悪くない
実質一回り高いだけのブースター状態だった去年までのスターターを考えれば、よくぞここまでって感じ

エースドラゴン斬レイヤー

これが注目のGTレイヤー
細かい凹凸の付いたアッパー形状の四枚刃
思えば、ここまで露骨にアッパー形状なのってレジェスプ以来?

スティングディスク

GTベイの特徴は、ディスクがフレームつけられない代わりに何かしらギミックが付いてます
そんなんデュアル時代にもジャークとかあったやろ!と思いますが、重さもギミックの面白さも格段に進化してますので

こちらのギミックはゴッドヴァルキリーのバウンドレイヤーを両回転対応にしたようなもの
どこらへんがスティングなのかは謎
バウンドディスクじゃん

チャージドライバー

動けるオクタ!
最重量低重心なドライバーにフラットな軸って事で、とにかく重い一撃が可能
重さゆえに加速するのに時間が掛かるけど、その軌道はデストロイドライバーを彷彿とさせます
加速に時間がかかるのを利用して序盤から中央へラッシュをかける事も出来ます

さぁ!ここまでだと普通のベイブレードの紹介!
GTはここからが本番です

まず、レイヤーの裏側にある白いスイッチを内側へスライドさせましょう

すると中央のガチンコチップが外せます

中にあるウェイトを取り出して…

別のベースへ入れて

チップを取り付ければ

ガッチンコ!!!
レイヤーのカスタムができます!!

これが付属のグランベース
グランドラゴンにカスタム!
間違えやすいですが、グランドドラゴンではないです

大型円形で遠心力が高いだけでなく

クラッシュラグナルクのようにスマッシュ形状になっているので、相手のロックがこちらよりも柔らかければエースよりもバースト率高いです
ただ、ちょっとロック緩いんだよね

ロックドラゴン

アークバハムートの逆バージョンを思わせる形状
ロックとか言いながらロックは緩めなのでガシガシバーストされる上に内重心なので粘らない
形状は悪くないんだけどなぁ

ウェイト 斬
ウェイトは漢字一文字が使われてます
名称の表記もいよいよめんどくさく

ドライガー付属のやつと比較

左がドラゴン、右がドライガーの奴です
違いわかるかな?

ドラゴンワインダーいくらなんでも曲がりすぎなので

ドライヤーでまっすぐにします

真超Zベイとの比較

大きさは殆ど同じ
どんどんデカくなるベイブレード
重さは、下半身パーツが重いのですが、レイヤーはやや軽め
しかし、超ZレイヤーとGTの下半身を組み合わせれば70gを超える化け物になります
ベイの重量じゃねぇよもう

回してみて

エースドラゴンはアッパー形状だけに弾く力はなかなか強い
あと遠心力もそこそこあるので結構粘る
チャージドライバーと合わせて、ナイトメアロンギヌスみたいな使い方出来るかな

まだまだ超Zと比べると性能で劣るものの
GTレイヤーは後に出るウェイト次第でいくらでも伸び代があるので
今後が楽しみです

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)