ベイブレードバースト超ゼツ第45話「超ゼツ特訓、サバンナ編!!」


販促終了キャラ掘り下げ編第二弾はラバン!

ちゃんと壊れたレオパルドの事について言及してくれたのは嬉しい
どっちもファイにベイ壊されて修理したもの同士なんだよな

ここ最近のアイガは
「一番になりたい」→「相手をぶっ倒したい」
から
「相棒との絆を結びたい」
に変化してて成長を感じる

ラバンとのバトルで使うのは交差するタイプのスリングショックスタジアム

いやスリングショック流行ってんのかよ!!
金のモノ言わせて取り寄せたジャンならともなく
ラバンはもう少し自然な地形を利用したスタジアムとかのがらしいと思う

ハウリングバイトって、分厚い超Z覚醒ベイには噛みつきづらそうだけど
アニメだとそこら辺あんま関係ないのね

ファイに負けた原因、それは野生の本能が足りなかったから
そのために攻めて攻めて攻めまくる
アイガもそれに習って攻めまくる

おい!!それ今までと何が違うんや!!!

せっかく最近は闇雲に攻めるスタイルから一歩成長してバランス型らしい戦い方するようになったのに

CM

ベイブレードバースト超ゼツ第45話「超ゼツ特訓、サバンナ編!!」」への2件のフィードバック

  1. 花月

    確かに今までと何が違うんだと言いたくなりますけど、
    大事なのはジャンのバトルで学んだ事とラバンのバトルで学んだ事を、
    これからどう活かすかが大事だと思います。
    ジャンとのバトルで得たディフェンス必殺「超Zシールド」
    今回のラバンとのバトルで得た攻撃必殺「超Zソード」
    攻撃的なバトルスタイルと闇雲に攻めるのではなく、
    不利な状況も利用しカウンターを決める戦法、
    この両方を活かす事が修行の成果になるかどうかが大事と思うんです。
    ラバン自身も守ってばっかじゃ勝てないと言いましたが、
    守る戦い方自体は否定していません。
    今回のバトルを経験で攻めまくるだけのスタイルになったらダメですけど、
    ただひたすら、守るだけって言うスタイルもダメだと思うんです。
    せっかくジャンを通して新しいディフェンス技、
    ラバンを通して新しいアタック技を覚えたんですから、
    どっちかに偏らず、臨機応変に使いこなし、
    なおかつ高い集中力と決して怯まない闘争心の3つを全て使いこなせるかが、
    アイガの修行が上手く行ったかどうか決まる鍵になると思うんです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)