改造ビーダマン『ウォーズペギラゴン』


『ペンギンドラゴン』略して『ペギラゴン』

呪文とか関係ないです


とりあえず、機能面は完成!

塗装は、気が向いたらやります……多分向かない


ユージンの玩具声優への道


白が多いのになんで白背景で撮影したんだろうか……



ユージンの玩具声優への道

ドラヴァイスのパーツも接着してるので、一応ドラゴンです!ドラゴンです!!


分かる人にしか分からないんですが、ウォーズアルタイル、ペンビーエンペラー、ドラゴンドラシアン、と今までの実戦用改造ビーダマンの集大成のつもりで製作しました



機能その1

『ベアリングホールド』



ユージンの玩具声優への道


前の記事でも紹介したもの

発射抵抗の軽減よりも、エッジの摩耗を防ぐための装備。(ドラゴンドラシアンやペンビーエンペラーはエッジの摩耗が凄まじい事に)


機能その2

バックパーツ『ウォーズユニット』



ユージンの玩具声優への道

いつものように限界までパワーを強制しています。

これを装着するだけで、シメ無しで平均17kmの威力が出せます。


グリップは、ウォーズアルタイルの時と同様、肩に人差し指、バックウィングに中指と薬指を掛ける形で保持


ユージンの玩具声優への道

地味にペンビーエンペラーの頃から愛用しているラバー付きトリガーパッド

スロットコアのようにレールがついており、このレールはトリガーの左右のブレと言うよりも上下のブレを修正している。ややトリガーを上に押しているので発射の際、ビー玉が下に押し付けられるようにして射出されるので、より安定したショットが撃てる。

地味にスタンド付き。大量のビー玉を投げ入れても倒れません。


ユージンの玩具声優への道

ネジ止めなので取り外し可能。


実はこのペンビー、レッグを切断しています。

その代わりにバックパーツにレッグの役割を与える事で、低姿勢化に成功

どんなに強いショットを浮き玉になりません。



機能その3

『フロントパワーチップ』


ユージンの玩具声優への道

前からプラ版を差し込んでいます。

このパワー強制力は凄まじく、これを取り付けるだけでシメ無しで平均27km

シメ有りなら、安定して30km台の威力を出せます



ユージンの玩具声優への道

取り外しは簡単。

実はいつ折れてもおかしくない消耗パーツなので、量産しています



機能その4

『巨大マガジン』


ユージンの玩具声優への道

ドラゴンドラシアンとほぼ同様の形(前後が逆)

装填のしやすさが主な役割

ジャムりやすいけど、発射のリコイルで振動与えればジャムりはすぐ解消されるのであまり気にならない。



ユージンの玩具声優への道

取り外し可能。付け替えれば普通のマガジンとして運用できます

が、こっちのマガジンの方が使い易いので、付け替え目的ではなく持ち運びやすさが目的



威力



ユージンの玩具声優への道

時速35.1㎞

上手くいけばこのくらい出せます





 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)