flicker’s anthem shoot1「序章」


作者:なるるさん

 

shoo1「序章」

都内某所、盾宮中学高等学校に今日四度目の授業の終了を告げるチャイムが鳴り響いた。
生徒たちが片付けをし教室を出て行く中、机に突っ伏して寝ている少女と、目を輝かせながら話しかける少女だけが残った。
「ねえドロシー!屋上行こう!」
「んんっ……よく寝た……」
ドロシーと呼ばれた少女はゆっくりと体を起こし呼びかけた少女を見た。腰まで届くほど長い金髪がふわりと揺れた。本名は近藤 椎奈。アメリカ人とのクォーターである。
「ご飯食べた後フリックスやろうよ!今度は私が勝つんだから!」
全身で楽しみだと表現している彼女の名前は流川 千春。短い茶髪と激しい感情表現から犬を想起させる活発な性格である。
「また私が勝つんじゃないの?」
「今度は負けないからね!私のスーパーストロングビーストは市販のやつと違うんだから!」
千春が見せつけるようにポケットからフリックスを取り出す。レギュレーションに合うように自作したもので、所々作りが荒いところもある。
「……先生来るわよ」
焦った顔をして急いでポケットにフリックスをしまう千春。先生など来ないのだが時々椎奈はからかうのだ。
「と、とにかく屋上ね!行くよ行くよ!」
「はいはい」

ーーーーー

「あー!また負けた!」
「うーん」
昼御飯の後のバトルは椎奈が勝ったようだ。
「もしかしてなんだけど、千春にフリップアウト狙いは合わないんじゃないの?」
「うう、かもしれない」
椎奈の鋭い指摘に千春は反論ができない。防御型の機体を使う椎奈相手にフリップアウトを仕掛けるのはなかなか難しい戦略である。
「よし!新しいやつ作るよ!出来たらまたバトルね!」
「待ってるわよ」
その時、昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴り始めた。
「やばっ、遅刻!」
「急ぐわよ!」
二人は教室へ駆け出していった……。

ーーーーー

「とりあえず作ってみたけど何か物足りない……」
放課後、自宅の近くの百円均一に行って素材を購入してきた千春はどんな機体にしようか悩んでいた。時間は深夜1時。そろそろ翌日の学校に響く時間である。
「んー……あー!もう思いつかない!寝る!」
そう叫ぶとベッドへとダイブしていった。そしてそのまま吸い込まれるように眠りに落ちていった。

真っ黒。何もない空間にただ一人ぼっち。歩けど歩けど何もない。そんな夢を千春は見ていた。ひたすらに、歩く。何もない、黒い空間にふと白いものが見えた。近付く。人だ。床につくほど長い白髪。病的なまでに白い肌。足首まである白いワンピース。ただ、彼女の眼だけは透き通るような蒼だった。
彼女が手をかざす。すると白い立方体が現れた。その上にはフリップマインが2つと、黒い翼を持った白いフリックスのようなものが。千春もポケットからスーパーストロングビーストを取り出す。お互いにバトルの準備をする。3、2、1、アクティブシュート、と頭の中に響いてくる。白いフリックスの剣先に弾かれスーパーストロングビーストはフィールド端に追いやられた。強い、もしかしたら椎奈より強い。そう千春は直感した。
移動距離で勝っていたスーパーストロングビーストを相手のフリックスの側面にシュート。いつものようにフリップアウトを仕掛けたが相手はビクともしない。白い少女がフリックスの剣先を千春のフリックスに向ける。シュート。か弱そうな見た目からは信じられないほどのパワー。スーパーストロングビーストは一撃でフリップアウトさせられてしまった。
悔しい、もっと強くなりたい。そう強く千春は思った。あまりに強く思いすぎて……次のアクティブシュートで自滅場外してしまった。これでライフは0。千春の負けだ。
フィールドと白いフリックスが消えていく。少女も足から徐々に消えていく。呆然とする千春に少女は何かを手渡した。三日月。三日月型のパーツのようなもの。千春がそれを確認すると、少女は微笑み、消えた。
「私を、止めて」
最後にそう言ったような気がした。

ーーーーー

朝7時30分。めざまし時計が鳴り始めて15分は経っている。
「んん……起きたくない……」
「おい姉ちゃん、そろそろ目覚まし止めろ。うるさい」
ドアを開き弟の夏樹が入ってくる。
「私を置いて先に行け…ぐはぁ」
「何バカなこと言ってるんだよ。早く起きろ」
千春がサイドボードの上に置いてある目覚ましを止めようと手を伸ばすと何か硬くて冷たいものに触った。
「……ん?これは……」
手に触れたもの。それは間違いなく夢の中で白い少女 に渡された三日月。千春は少し考え、ベッドから飛び起きた。
「これだ!これだよ夏樹!」
「何がだよ」
「これをここにくっ付けて…出来た!新しいフリックスだよ!」
千春の手には黒を基調に金と青で模様が入れられたフリックスが握られていた。そしてその左サイドには三日月型のパーツ。スーパーストロングビーストに次ぐ機体になるだろう。
「よし!名前を付けないと!」
「待て姉ちゃん。姉ちゃんのネーミングセンスはダメダメだから俺が付ける」
「だめ!この子の名前はミカヅキ……」
そう千春が言いかけたが夏樹が遮った。
「ルナ=ルチリア」
「……まあいっか、カッコいいしね」
自分が名付けられなかったのは不満らしいが名前自体は気に入ったようだ。ただ……
「業魔使いたるもの名付けくらい上手くないと」
夏樹は厨二病だった。
「……よし、ルナ=ルチリア。これからよろしく!まずは打倒ドロシー!」
力強くルナ=ルチリアを握りしめる。ひんやりとしてとても気持ちが良かった。

「姉ちゃん、そろそろ行かないと遅刻」
「ええ!まだご飯食べてないのに!」
「起きない方が悪い」

 

・ユージンの感想

作者曰く「弾突バトル!本編第29話以降の外伝意識した世界観」らしいけど、これはつながるのか!?w
競技玩具ものの物語ではあるものの主人公は女子高生と言う異色の作品
ただ、本編通り本格的な競技としては小学生男児の間で流行ってると言う事で、彼女らはあくまで緩くプレイしてるようですね
しかし、突如夢の中で現れた少女との出会いをきっかけに、競技とはまた別の形でバトルの世界に没入していくと
ダークでファンタジーな世界で描かれるフリックスストーリー、どう帰結していくのア楽しみです




CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)