ベイブレードバーストアニメ第41話「ネプチューンの罠」


前回のあらすじ!!
 
実験大好きな水面ナオキは、蒼井バルトが運だけのブレーダーだと分析した(正しい!)
その分析結果が正しいのか確かめるために、なぜか「嘘の電話でバルトを自宅まで呼び出し、遅刻させようとした」(???)
分析通りに、本当に運が良ければ間に合うらしいぞ(????)
 
そして、バルトは運悪く渋滞に捕まって遅刻しかけるものの、根性で走って間に合ったぞ!
ナオキは、分析通りバルトが運が良いものだとほくそえんでいたよ(???)
 
 
なんだこれ!!!
 
 
バルトVSナオキ
ナオキの、メガネ型のビデオカメラ良いなぁ、自分の視点で動画撮れるのか!
 
一度も触れずにスピンフィニッシュって、現実だとあり得るけどアニメだと珍しいなぁ
 
ダイナ「さっきの動きはスタミナタイプのようだったが」
 
そうか?割とぐるぐる動いてたぞ
 
 
天才ナオキの天才的な戦術
「挑発して冷静さを失わせる」
 
このアニメこればっかだな!!
 
 
シュウに喝を入れられて冷静を取り戻したバルトはナオキの分析を超えてオーバーフィニッシュ
 
「これがヴァルキリーの力だ!」
シュウとの愛の力だな!
 
 
ジョイフルガンドww
なんか西日本で展開してるチェーン系飲食店みたいなベイブレードだな
 
 
 
バルト単体の能力ではなく、ベイクラブメンバーがバルトに与える影響か……
でも、シュウよりもクミチョーの方が影響力高いと思うんだけどなぁ
シュウだって「黄山達と出会ってからバルトは変わった」って言ってたし
 
 
とりあえずでもまぁシュウの方が影響力が高いと言う事で
 
ナオキは「藍沢ジンは卑怯者だからシュウが危ない」と言う嘘の情報を吹き込んでバルトがどう動くかの実験に
大会には敗退してもまだナオキは話に影響を出してきそう
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)