ベイブレードバーストアニメ第20話「繋げろ!チェーンシュート!!」


ソードフレイムスとの練習試合、その合間のトレーニング時間で、犬介の転校が明かされた!
これが最初で最後のベイクラブとしてのバトルになるかもしれない
それがどう試合に影響するのか……!
 
往年の競技玩具アニメ作品観てる身としては
チームメイトだったりライバルって別に住んでる場所の近さとか学校が同じかどうかってあんまり関係ないから
転校した所で大会で会えるじゃん?みたいに思っちゃうんだよねw
 
・カイザーケルベウスVSアンロックユニコーン
 
さぁ、初のディフェンスタイプ同士のバトル!
 
ベイクラブ面々のメンタル面を察するシュウさんはさすが
早く仲間になっちゃえYO
 
ディフェンスタイプ同士のバトルは先にセンターを取るかどうかで決まるらしい
焦るあまりフライングする犬介
おぉ!ベイバトルでフライングとか初めてアニメで観た!
 
メンタルボロボロの犬介はシュートもボロボロ
あっという間にスピンフィニッシュでユニコーンの勝利
 
うぅ~ん、まだ万全のディフェンスタイプ同士の試合は見られないか……!
 
 
バルトメンタル弱いなぁ
けど、だからこそシュウさんのサポートは心温まるな
 
シャカの器の大きさよw
 
ようやくディフェンスタイプ同士の戦い!
センターの取り合いがディフェンスタイプの主な試合描写って事で
確かに実際のバトルもそうなるもんね
 
「防御技のチェーンシュートを攻撃として使ったんだ」
 
言っちゃった!言っちゃったよ!!
やっぱりこれは伝統なのね……!
さすがにそこは覆らないか

とは言え、ディフェンスタイプらしく、重厚感を出して相手をフェンスへ押し込む感じは攻撃しながらも防御型って感じの戦い方で良いね
 
防御力が高い=相手の攻撃を受け止めながら攻撃が出来る って事だもんね
ドラシエルがよくやってた
 
「チェーンで武装しているケルベウスに対して、攻撃用の一本の角があるユニコーンはダメージが蓄積していった」
 
密着してる状態が続くと防御力が高い方がダメージ蓄積しにくくて有利と言う事か
 
「気迫で負けては侍失格!」
手厳しいユーゴさんだけど、こいつどう見てもかませなんだよなぁw
 
団体戦でチームワークを活かすには情報共有が大事になるけど、こいつらあんまりアドバイス上手くねぇなw
BBAチームを見習おうぜ!!
 
・ユグドラシルVSケルベウス
 
相手の動きを読むのが得意なユーゴ
しかし、犬介にとっても想定内
 
「ディフェンスタイプの犬介が敢えて攻めに出た」
 
うぅ・・・!やっぱり・・・伝統は・・・覆らない・・・!
 
まぁ、ディフェンスタイプがスタミナタイプに勝とうとするには、強引にでも攻めるしかないか
 
1ポイント先取が完全な負けフラグになってるなぁ
 
セカンドバトルは、得意なスタミナタイプ相手にディフェンス戦術で挑む
防御のためのチェーンで相手にダメージを与えてバーストフィニッシュ!
 
チェーンシュートを防御として使うのか、攻撃として使うのかの違いがよく分からないけど
気にするだけ野暮ですね!!
 
犬介のかませ犬になっちゃったユーゴさんの明日はどっちだ!?
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)