ベイブレードバーストアニメ第1話「行こうぜ!相棒(ヴァルキリー)!!」 感想


ついに始まりましたね!ベイブレードバーストアニメ!!
しかも放送日はレツゴ~クラビまでと同じ毎週月曜の夜5時55分と言う黄金タイム!(レツゴより5分早いですが)
 
これだけでテンション上がりますな!
 
 
やはりと言うか何と言うか、アニメはデュアルレイヤーからスタート
まぁ、販促を考えるならわざわざ初期シリーズを使うわけがないんだけど
原作での世代交代話が良く出来てただけに、アニメであれをやらないのはちょっと寂しい
 
 
往年のベイブレード物語と比べてリアルな設定がウリなベイブレードバーストですが
スタジアムの大きさやベイの威力に関してはリアルを超えていますw
ってか、漫画の時点でも大きかったけど、アニメでは更に大きくなってない?
 
クミチョー、アニメになって更に良いキャラになってんなwバラボロてww
これは、メタベイで言うベンケイポジションを期待できるでしょう。ベンケイも萌えキャラだったからなぁ……!
 
 
バルトの中の人はメタベイでヒカル役やってましたね
 
 
ボタン押すとポシュッ!って出てくるあの腰のポーチ良いなぁw
 
 
バルトの弟妹ちゃん、もう登場してるのか
 
バルトとクミチョーの最初のバトルは原作と違って、大会と同じ2ポイントルール
シュートミスでの決着じゃなく、ちゃんとシュートは成功してる!!
原作第1話はページ数の問題もあって、導入がやや物足りない所があったのでアニメならではの良いアレンジ
 
 
OP
まぁ、王道でいい感じじゃないでしょうか
もう多くを望みません、僕
 
 
ビクトリーヴァルキリーVSライジングラグナルク
中央を陣取るラグナルクと外周を回るヴァルキリーの軌道はリアルと同様で嬉しいですね
こういう細かくも正確な性能描写が嬉しい
 
あとCGがちゃんと『回転してる』って感じが今までの作品よりも強いですね
 
そしてヴァルキリーは勢い余って自滅
何この攻撃型あるある!!
 
第二セットは原作と同様のシュートミスで終了
 
しかし怒られる理由が校長の銅像を壊すのではなくヴァルキリー助けるために倉庫に飛び込んでめちゃくちゃにした事に変更されてました
って事は、威力もリアル寄りになってるのかな?
 
 
タブレットを学校に持ち込んで生放送動画を視聴……なんか時代を感じるなぁ
 
 
モブキャラの機体もデュアルレイヤーなのかよー!販促に関わらないモブキャラのベイくらい初期レイヤーで良いじゃん……って思うけど、モデリングもタダじゃないからなぁ
しかし、モブキャラのベイがケルベウス系なのが地味に原作と同じで吹いたw
 
 
基本特訓に行き着くまでの流れが原作よりもスムーズですね!ってかほんとあの第1話はギャグとか話の流れがテンポ悪かったから
良い感じに改善されてる
 
 
基本=基礎体力作り ってのはあながち間違ってないけど
なぜシュウのシュートフォーム見てそう思ったのかは謎
 
バルトとシュウの距離感良いなぁ
春晴とライチを思い出す
 
 
バルトの家のパンが美味しそうに描かれてる
お母さんアニメでますます可愛いなぁ
 
 
うわぁ!大会の会場がショッピングモールだぁ!謎ドームじゃねぇ!!
多分こういう地味にリアルな所は、現役で大会に出てるブレーダーにとって感情移入しやすくていいと思う
 
 
ベイロガー使って大会登録できるのか……!
 
一回戦のバルトの相手はクミチョー
そう、クミチョーは一応優勝候補って言われるほどの強キャラって設定なんだよねwかませだけど
 
 
互いに相手のベイをチェック!
あぁ、そういや実際の大会もそうだったなぁ
こういうとこまで描写すんのかよ!すげぇ!!
 
 
第一試合
本能からシュウのシュートスタイルを真似て基本シュートをこなすバルト
でも、アニメのバルトって、一応最初はシュートミスしないくらいにはシュート出来てたんだからスタジアムに乗せられた程度で感心されてもなぁって気はする
 
聖獣はイメージです
 
スタミナタイプがオーバーフィニッシュすなw
ここはスピンフィニッシュに変更でよかったんじゃないかなぁ
 
 
ランチャーを傾けて撃つ事で、フラット軸のベイを中央へ向かわせるラッシュシュート
実際この技は攻撃型で持久型や防御型を仕留めるためには必須のテクニックですね
 
聖獣はイメージです
 
 
と言うわけで、第1話でした
 
話の流れはまんま原作ですが
所々良い意味でアレンジが加えられていたり、尺が伸びた事でより丁寧にキャラやバトルが描かれているのは、コロコロホビーアニメならではですね
原作を材料に、アニメと言う料理を作るのがコロコロアニメです
 
ベイバの見どころはやはりなんと言っても、これまでのベイアニメと比べてより現実に近い設定ですね
現実世界を舞台に、学校や日常をしっかり描き、大会も現実的にショッピングモールで開催
 
シュートテクの違いで描くバトル内容、非現実的な破壊力を持たないベイブレードの性能、聖獣はあくまでイメージ
 
それでいて、スタジアムはしっかり現実よりも大きかったりと、アニメだからこそできる大げさな表現ってのをちゃんと心得ているのは嬉しいですw
リアルなだけじゃ面白い競技玩具物語にはならないんだよ!!
 
でも、あのスタジアムの大きさだと、シュウVSオロチ戦で、オロチとシュウの手がぶつかる事って無いよな?
『バーストしたオーディンのパーツがシュウの手にぶつかってケガする』みたいな感じに変更になるのかな
 
さて、月刊誌原作の1年アニメって事で
往年の作品通り、恐らく10話くらいまでは原作の流れに沿って
地区予選終了後のシャカとのバトルあたりからアニメオリジナル展開になると思われるので
 
そこからがこのアニメの本番ですね
原作を離れても面白く出来るかは脚本家の腕の見せ所なんで、楽しみです
 
それまでは原作と比べてここが原作通り、ここが原作より更に面白くアレンジされてる~などの感想ばかり言うと思いますw
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)