ベイブレードバースト超王 第26話「ガチVS超ゼツ!!」


アイガ&レーンVSドラム&シスコ

今回はもうこの対戦カードってだけで見所がすごい

勝ち星的に考えて
アイガ&レーンが勝利すると、ヒカルとシスコの脱落が決定するだけでなく次の試合で負けたタッグも脱落決定
ドラム&シスコが勝利した場合は、ドラムが単独で決勝進出

次の試合でどちらが勝ったとしても残りの一枠を巡って
負けたタッグとヒカルとシスコの4人にチャンスが残る

アイガのファンであるヒカルはアイガを応援したいとこだが
ここはドラムに勝ってもらいたい所だし、ヒュウガもヒカルと共に決勝に上がる事を強く望んでいる
ここ最近のヒュウガは兄想いな一面が強く出ていて好感が持てる

そして、因縁の2人となったアイガとレーンのタッグ
レーンは自分を打ち負かしたアイガを意識してるし
アイガにとってレーンはソーチョーの仇
お互いに最強クラスの実力とは言え、人間的な相性は最悪

それに対してドラムとシスコは
特に繋がりが無いため、普通に仲良く作戦会議
でも、こう言う描写のあるタッグの方が負けフラグ立ってるのがこの作品

サタンVSルシファー
同一視されたモチーフでありディフェンスタイプ同士の対決
ルシファーのバリアを完全に受け止め、突破されそうになってもユニバースドリフトでリカバーするシスコとサタンの強さは十分描写されました
これなら負けてもまぁ……って感じ

ガチVS超ゼツ
主人公対決
もう新人ではなくなったドラムは十分アイガとタメを張れる存在になった上でのバトルなので熱い!
ガチ本編ではドラムはアイガに僅差で勝てず
その代わり、アイガに勝ったアーサーに勝つ事で主人公としての面目を保った感じではありましたが

今回は
真正面からのぶつかり合いでドラゴンがアキレスを弾き飛ばすも、バースト
と言う、前作とは逆の展開で再び僅差でアイガの勝利となりました
前作はスピードモード
今回はアタックモードだったからロックの硬さに違いが出た感じかな

バランス型のアキレスに対してドラゴンは攻撃型で重量もあるから正面衝突だとドラゴンの方に分があるけど
最近のアキレスは攻撃力でやや遅れを取るけど他の面で勝るって描写が多くて

まさに
『攻撃寄りのバランス型を使う世界チャンピオン』
と言う戦い方が板についてきてる

 

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)