フリックスアレイ PPシート製折り畳み式フィールド 製作編


これまでも、携帯用のフリックスフィールドはいくつか製作してきました

軽くて嵩張らず
ストレスレスで快適なプレイ感覚
多種多様な性能が活きる競技バランス
低コスト
製作簡単

しかし、あちらを立てればこちらが立たずといった感じでどう作っても欠点が露呈していたのですが
ようやく、今度こそ最適解に辿り着けそうです(毎回言ってる)

まず、用意するのは100均で置いてあるPPシート
サイズは430mm×300mmが2枚セットです

これを二枚並べてOPPテープで貼り付けます
そして、それを折り畳んで更にテープを貼ります

こうする事で半分に折り畳む事が出来る一枚板が完成
サイズは600×430mmなのでこれでも十分フリックスバトルは可能です

が、公式で用意するものはもっと工夫を加えます

フィールド端に低めのスロープを設置
これによって相手を飛ばした時にバリケードの高い位置で受け止めさせるのでバリケードを破壊しやすくなります

止めるのはOPPテープですが、強度を高めるために梱包されていたプラ袋を切り取って間に入れて接着しました
OPPだけだと鋭いパーツで切れますが、プラ袋はそうそう破かれることはありません

穴を接着し、そしてもう一つ同じものを作ります

これで
860×600mmと十分大きなサイズになりました
1vs1ならこれ以上大きくする必要はないでしょう

更に別の辺には、スロープではなく低めのフェンスを用意
強力な攻撃をここで防ぎます
折り畳む事を考えて、短めです

二枚のフィールドの繋ぎ目もスロープを用意
これによって、すくい上げに特化した形状の機体はバランスを崩します

そして、完成!

ここまでやると手間がかかりますが
折り畳むフィールドってだけならいろいろオミットすれば良いので
誰でも安く簡単に作れると思います!

完成レポートへ

 

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)