玩具(おもちゃ)を開発(かいはつ)するために必要(ひつよう)な試作品(しさくひん)について


玩具(おもちゃ)メーカーが新製品(しんせいひん)を開発(かいはつ)するにあたり
製造(せいぞう)の前(まえ)にまず作(つく)らないといけないものはなんだとおもう?

いろいろとあるけど、そのなかのひとつは試作品(しさくひん)だよね

新製品(しんせいひん)の企画設計(きかくせっけい)をして、いきなり製造(せいぞう)販売(はんばい)してるわけではないんだよ

まずはそれが実際(じっさい)にコンセプトどおりのうごきになっているか
安全性(あんぜんせい)に問題(もんだい)はないかテストしなければならないんだ

その試作品(しさくひん)をつくる方法(ほうほう)はさまざま

粘土(ねんど)を使(つか)ったクレイモデルや
ホームセンターなどでそれっぽい材料(ざいりょう)を買(か)ってみたり
ハンドメイドでいちから作(つく)ることもあるよ

そしてもちろん
既製品(きせいひん)を加工(かこう)したものでテストをする事(こと)もあるんだ

これはちょっと考(かん)がえれば当(あ)たり前(まえ)だってわかるよね

だって、自社(じしゃ)の既製品(きせいひん)なら既(すで)にデータがそろってるし
互換性(ごかんせい)もあるから製作(せいさく)しやすい
コストもかからないだろうしね

とても効率的(こうりつてき)で、大昔(おおむかし)からよくやってることなんだよ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)