弾突バトル!フリックス・アレイ ゼノ 第1話あらすじ公開!


・プロローグ

舞台は弾突バトル!フリックス・アレイ本編から数年後の千葉県幕張メッセ
千葉県佐倉市出身の中学2年生フリッカー龍剣弾介はダントツのフリッカー目指してグレートフリックスカップに参加していた
この大会で優勝すれば、チャンピオンである段田バン(高校生ver.)への挑戦権が得られるのだ

見事優勝して、念願のバンとのバトル
バンの優勢かと思いきや、機転を利かせた弾介がバンのヴィクターをフリップアウト
しかし、これに火がついたバンはお返しにと本気のブースターインパクトを繰り出して弾介のドラグカリバーを、弾介ごとぶっ飛ばす

その瞬間眩い光に包まれて弾介とドラグカリバーの姿が消えてしまった
騒然とする場内だが、バンだけは「あれ、フリップアウトし過ぎちまったかな?」とノーテンキなコメント

 

・異世界に召喚された弾介

光に包まれた弾介は見知らぬ世界の空に放り出されていた
パニックになりながらもこうなった以上は重力に従って落ちるしかない
幸い地面が柔らかかったおかげで怪我はないものの、ショックでそのまま気絶
気絶の間際、随分と慌てた様子の少女の声が聞こえた

目を覚ますと、後頭部に柔らかな感触を覚えるのと同時に鼻先に良い香りとくすぐったさを感じた
目の前には優しく清楚な印象の少女が安堵の表情を浮かべていた
どうやらこの少女に膝枕されていたようだ
視線をズラすと艶かしい太ももの付け根が見える
随分と際どいスカートを履いているが、本来見えるであろうはずの位置に下着が見えない
最近は規制が強いからであろうか?とても健全である

少女の名はシエル。落ち着いていながらも本当に申し訳なさそうに謝る少女に対し徐々に意識がハッキリとしてきた弾介は事情を聞こうとすると、突如2人の前に数体の狼などの獣を模したモンスターが現れる
シエルは弾介を庇うように前に出てフリックスを取り出す。すると目の前に背丈ほどの魔法陣が出現した
そして、魔法陣へ向かってシュートすると機体が約10倍ほどにサイズアップし、モンスター達と戦うのだった

面食らいながらも弾介も見様見真似でドラグカリバーをサイズアップさせて加勢する
初めての異世界でのバトルながらも圧倒的な力で敵をねじ伏せていく弾介とドラグカリバー
そのバトルの中でシエルは何かを確信した

「やはりこの方は伝説の、最強の剣となるフリックスの使い手…悪しき魔王を倒す者」

かくして、普通の千葉県中学生フリッカーだった龍剣弾介は異世界で伝説のフリッカーとして認められ、シエルと共に魔王討伐の旅を始めるのだった

何故弾介が召喚されたのか?
何故弾介が異世界に伝わる伝説の機体を持っているのか?
そもそも魔王とは、伝説の機体とは一体何なのか?
中学生の癖に、弾介は千葉への未練なくすんなり旅に出ちゃってもいいのか?

複数の謎を残しながらも
弾介は魔王討伐のためのバトルに心踊らせる

「異世界の魔王相手でも、ダントツで決めるぞ!ドラグカリバー!!」

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)