ジャパンカップに向けてビートマグナム製作

Pocket

前回、ほぼフラット用なローラーセッティングのマグナムアローで挑んで見事コースアウトした反省を活かし


ビートマグナムのボディを活用した提灯を製作し、ARシャーシに乗せてみました


一見普通の提灯ですが


ボディ提灯になってます

ヒクオと提灯の中間かな?

ビートマグナムのボディ形状を活かした提灯を作りたかったのでこんな風になりました


ローラーセッティングは適当でw



リアにも申し分的にマスダンパーを


パワーダッシュを付けてもスピードの伸びは悪いですが、コースアウトするよりはマシかな~

でもジャパンカップはそんなに甘くないぞ~!


さぁ、ここからどうスピードを上げるか……

それともコースアウトを恐れてもっと安定性を上げるべきか……


下手な立体ではクラッシュしない自信はあるけど、フジヤマチェンジャーをクリアできる保証はどこにもないのが不安どころ


 

 




3 thoughts on “ジャパンカップに向けてビートマグナム製作

  1. ピンバック: ミニ四駆 提灯・ヒクオ・ノリオ マスダンパー改造の種類 | おにぎりまとめ

  2. ユージン

    SECRET: 0
    PASS:
    >弾薬斑中谷さん 
    前回はフジヤマにたどり着くまでに引っかかっちゃったんで、どれほどのものか分からないんですよね……
    普通の立体ならクラッシュしない自信はあるんですが、フジヤマは練習できる場所がそうそうないんで
    マスダンパー使わないとは、なんという勇気!
    とは言え、ブレーキや重量配分をしっかりしていればどうにかなるっちゃなるんですよね……

    返信
  3. 弾薬斑中谷

    SECRET: 0
    PASS:
    確かにフジヤマは難関で対策が最も重要なポイントかも知れませんよね
    体勢を崩さない安定走行が速度と共に必要に成りそうですね
    ちなみに私はマスダンパーは全く使いませんので詳しくは分かりませんが重量配分が鍵かなと思います

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)