ベイブレードバースト超ゼツ第3話「夕陽の決斗!!」


フブキとの勝負が割とあっさり決着ついて
なんか原作のベイバを思い出した(物語冒頭であっさり決着)
フブキの勝利を描きつつも
「100人抜きした後なのに善戦した」と言うアイガの才能の両方を描くというのは無難な脚本ですな
なんかキャラ紹介的に、フブキはアイガの才能に嫉妬していくっぽいから
そこら辺も物語を大きく動かしてくるのかな

シュウに憧れてるだけあって、中盤で闇落ちするんだろうか? 

学園長「今日から君たちは米駒学園の生徒だ」

小学生は生徒じゃなくて児童ですよ

ソーチョーの中の人、頑張ってクミチョーとの演技を棲み分けようと頑張ってる感は伝わる

ソーチョーはクミチョーと仲良いみたいだけど
クミチョー的にベイクラブと対立する弟はどう思うんだろうって前回の感想で言ったけど
ソウチョ―的には兄貴を超えたいわけだから、むしろベイクラブと対立するのは理にかなってるのね

クラッシュラグナルクはクミチョーから貰ったライジングラグナルクからの進化形だったのか!
良いなぁ、こういう出典が明らかになる感じ 

しかもブレイズラグナルクと開発者が同じだから、ほとんど機能や見た目が同じってのも納得できる

ってかフブキさんソウチョ―に初戦負けてたのかよ!
てっきりもっとカリスマ性のあるキャラ付けされるのかと思ったら
原作でもアイガにいきなり負けちゃったし
序盤からいきなりフブキの格が下がったなぁ
アニメ内でラグナルクに負けるって相当だぞ(酷)

ソウチョ―とアイガの組み合わせ
どっちも勝ち気で好戦的で良いなぁ!
少年物はこうじゃないと!

あぁぁ、常夏君、フブキに気を使ってる感じが見てて辛いw
この子苦労しそうだなぁ……
日夏は相変わらず空気読めずにやらかしそうだし
いつかうっかりフブキの地雷踏みそう

アイガのドライバー高くする描写
最初は良かったんだけど
2回目以降は『とりあえずラウンド毎高さ変えとくか』程度にしか感じなくなってるから
一応理由を呟かせた方が良いぞ
ソウチョ―の時はよかったけど、フブキの時はせっかく1ラウンド取ったのにわざわざモードチェンジして負けてるからな

仲間に自分の負けをしっかりと認めさせるソウチョーめっちゃ男らしくて良いな

ドロー続きで全然決着が着かないってのは前二作でもよくやったけど
毎回毎回同時バーストだったのが
今回はバーストだけじゃなくオーバーも織り交ぜてバリエーション出そうとしてるのが好印象




CM

ベイブレードバースト超ゼツ第3話「夕陽の決斗!!」」への2件のフィードバック

  1. 花月

    フブキについてはソーチョーに回想で負けてた事もそうですけど、
    フブキの考えも後々、成長の為の壁になりそうな感じがします。
    練習優先したり、アイガとソーチョーのバトルに自分達は
    関係ないというのも言ってる事は間違ってないんですけど、
    これじゃ、フブキの中のベイの世界は広がらない感じがしたんです。
    それでいて、部員にもプレッシャーを与えてる感じもするので、
    乱ベイ組のメンバーがベイクラブは息苦しいと感じるのも無理ないと思います。
    ベイバトルは楽しいもののはずなのに、自分達と関係ないバトルは興味ない素振りじゃ
    メンバーからしたら気まずくもなると思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)