爆転シュートベイブレード 最弱アタックリング考察


数年前からずっと、『トライピオは強い』と言う事を提唱し続け
最近は、実際にその強さが証明されつつある今日この頃ですが

じゃあ逆に『最弱のベイってどんなのよ?』
って事が気になってきますね

だって、あのトライピオですら使い方次第では最弱ではなかったんですよ?

どんなアタックリングだって、ジョイントやシュート、相性次第で最弱ではないって言えちゃうんじゃない!?

でも、だからこそ、追求したくなるのが人の性!
難しいものほど、目指すべき価値がある!
 
目指せ!最弱アタックリング!!!

と言うわけでいつもの考察です

ユージン的に、一番「どう使えばいいか分からねぇ」なアタックリングは
ワイボーグなんですよね

中途半端な小ささ、遠心力皆無な形状、相手をブッ飛ばすほどの威力はなく、引っかかて回転を消耗するだけのスパイク

速攻にも持久戦にも向かないアタックリングはキツイ!
ただ、ワイボーグは形状に対してそこそこ肉厚なので割と破損率が少ないってのがメリットです(そんなに使う人がいないから破損報告が少ないのかもしれない)

あと、デスドライガーのスターシェイプなんかも同じような理由でキツイですな

しかし、小さすぎるアタックリングは、最強ウェイトディスク「ワイドディフェンス」を装着して隠してしまえば
疑似的メタベイと化して、最強の防御力を獲得できます
 

最弱ベイとなるには、小さく、引っ掛かりが多いだけでなく『ワイドディフェンスからはみ出る』と言うのも重要な条件となりますね

皆さんも探してみてください!
最強ベイを探す以上に難しいはずです!!

そしてこの難しさがベイブレードの素晴らしさなのかもしれません

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)