フリックス・アレイ シャーシ新フォーマット『シュートポイント』


フリックスのシャーシに新たな拡張性を与えるためのちょっとした加工を紹介するぞ!

誰でも出来る簡単改造で、カスタマイズ性が大きく広がるんだ!!

まず、シャーシのリア部分をこんな風に切り取ります。サイズは大きめだと好ましい

IMG_5413

そして、こんな感じに1mmのプラ板を貼り合わせます。一番端の板はシャーシ内部の長さにピッタリ合うようにして、真ん中に挟んでいる板は小さ目だと好ましいです

IMG_5414

それを、こんな風に差し込みます

IMG_5415

そして、シャーシをボディに接続すれば完全に固定されます

IMG_5416

シャーシのリアはシュートに関わる部分なので、ここを加工すればいろんなタイプのシュートポイントをカスタマイズできるようになります

例えば、スポンジによってシュート時の負担を軽減させる『スポンジポイント』

IMG_5425

ラバーを貼る事で、安定したシュートが可能な『ラバーポイント』

IMG_5563

これらを、対応したシャーシなら自由に組み替えられます

IMG_5562

ノーマルシャーシに付けたり

IMG_5421A

グリップシャーシに付けたり

IMG_5564

シャーシ内部に入れる板が、ぴったりハマりさえすれば、穴と真ん中の板のサイズはガバガバで良いし、簡単な加工なのでぜひお試しください

フリックスのカスタマイズが、ボディ、シャーシ、シュートポイントの三種類になり、組み換えパターンが激増するぞ!

  

 




フリックス・アレイ シャーシ新フォーマット『シュートポイント』」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: フリックス・アレイ 真ルール&規定 | ユージンの競技玩具ライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)