クロスファイトビーダマン 初期共通コアをスリークロウズ改造


クロスファイトビーダマンのコアチェンジシステムのコア外装はドラゴン型以外の初期機体は共通の形状をしています
その初期共通コアをスリークロウズ改造してみました

BEA8195C-B4A9-492E-B32C-35480500B15D

ただのスリークロウズならホワイトペンビーやトルクコアもやっているのですが
あれらはラバーではなくプラ爪なのでドライブショットが撃てません
しかし、ラバーの下爪はアクセルコアなどのデルタ系のコアにしか装備出来ないので通常はこの初期コアには装備出来ないのですが

B593EFF0-06A5-4436-A059-5FB4A3ABD9F5

実は、トルクコアの下詰を取り付けるためのスリットと
アクセルやドライブコアの下詰に取り付けるラバーのジョイント部分の形状は同じなので

9C6F8B79-1265-480B-824B-1CD311589A40

サイズを切り詰めれば装備可能です

まぁ、こんな事するくらいなら素直にアクセルコアかドライブコアを使えばいいし
どうしてもスリークロウズ形状にしたいならアクセルコアに通常のホルパを移植した方が圧倒的に早いんですけどね

 

CM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)