スプリング東京大会2のコンデレ最優秀賞者はこんなフリッカーだ!


ミニ四駆GP2016スプリング東京大会2のコンデレ最優秀賞は、ばにらさんのエアロサンダーショットに決定した!

https://twitter.com/SucreauxVanille/status/736783072465543168

かわいらしくも細かい造形が見事な一品です

そんなばにらさん、実は当サイトの企画でもある「フリックス・アレイ」も多数製作された事があり
いい機会なのでそれらを紹介してみましょう!
ミニ四駆活動に関することは、ばにらさん本人のツイッターやいずれ特集するであろうタミヤ公式をチェックだ!

・ばにらさん製作の機体
ミニ四駆はレースよりもむしろコンデレメイン、レースするにしても「コンデレと併用しても問題ないマシン」を製作しているばにらさんの作るフリックスは、当然見た目重視!
パッとフリックス一覧を見せた時に大体の人が「ばにらさんの機体いいな」って答えるくらいです
ただ見た目重視なだけじゃなく「コンセプトが被らない事をコンセプトとしている」ので、パッと見同じ人が作ってるようには思えないような機体が多数あります

0.試作機
当初は「フリックスが食品の空きケースを利用している」というところに目をつけて、「食品の容器のみで製作する」という縛りで試作
しかし、さすがにフリ○クほど利用できそうな空容器は少なく、形状的にも素材的にも利用しやすいフリス○マジなんなんだよ!w

1.赤城
第一号機。艦○れ……いや、戦艦モチーフ!
甲板を描いた一枚板をケースに接続し、一点止めなので回転する事もできる機体
当時はパテ(粘土)やプラ板を接着して造形するのが基本だったのに対し
『接着をせず、パーツの接続によって機体を製作する』『上部パーツをフリー回転させる』と言うある意味革新的な製法と機能を有した機体でもある
 
2.ミヤビスピリッツ
和紙四駆でも名を馳せているばにらさんが、フリックスに和紙を使わないわけがなかった!
何気に、初の「平面方向への変形機」(変形機能自体クローリング・カメレオンが初)で
「変形すれば規定サイズをオーバーしてもいいからマインヒット時に有利!」と言う理屈を確立した機体でもあり
この機能を駆使してバンキッシュドライバーに対して一度勝利している

3.クリムゾンブレイズ
男児的に王道な「かっこよさ」を目指して製作された機体
ミヤビスピリッツから「変形すればマインヒットしやすい!」と言う事が分かったので、そのための機能が満載だが
構造的にモロく、実戦するたびにパーツが破損してしまう不遇な機体w
最終的に、PVにてその雄姿は残されることになった

4.ゴマフアザラシ
この直球なネーミングと、なんとも力の抜けてしまう見た目からは想像もつかない戦闘力の持ち主
『フリックスは、変な事せずにそこそこ重くしてパテやプラ板で造形するだけで十分強くなる』と言う理屈を体現したような機体で
現状、ばにらさん機の中でもっとも勝率が高い
タミヤ樹脂粘土の耐衝撃性の高さから、第0回大会優勝フリックスであるリベリオン・アーシを文字通り粉砕した

5.ヘルラッシュ5
寿司
トローリング・ムロのライバルだが、その構造はむしろ赤城に近い
そういえば、赤城も『軍艦』なので、寿司みたいなものかもしれない

6.重建王
ビークル型と言う事でもっともフリックスらしい機体
特に目立ったギミックはなく、普通の造形機なのだが
軽量なので、重量を調整しないと実戦には向かない
その弾き飛ばしやすさから、『倒される演技』をさせるのに向いており
PV撮影に貢献した

7.T-REX(トレイン・レール・エクスプレス)
ありそうでなかった電車型フリックス
電車と見せかけて実は『線路』に変形するという、ばにらさんらしい面白い変形機能を持っている
シュートによって動くのではなく、『変形させてマインヒットする』と言う新しいマインヒットの可能性を開拓した

8.セミン
サミンのダジャレで誕生した簡易製作機
しかし、簡単な製法でありながらちゃんとした『デザイン』になっているところは見事である

9.セミンMk.2
セミンの進化形だが、どっちかと言うとゴマフアザラシの系譜
重量もあり、もっとも戦闘力があると思われたが、形状がコンパクトだったので弾き飛ばされやすい機体

10.バウンド・オーバー・ブレイク
スポンジボブ(直球)
スポンジをくり抜いて、ケースを差し込んで接着しているだけだが、あの形にスポンジをくり抜くのは結構大変
簡単製作のように見えてきちんとしたデザインになっているのは、セミンに続いて見事

11.キモール
モールを大量に結わいつけているだけの機体だが、それでもちゃんとしたフリックスとなるのが面白い
モールゆえに無限の変形パターンがあり、向かってきた相手を絡めとる
ネーミングは当初『カオスギャラクシー』となっていたが、かっこよすぎるために没となり
最終的に「キモイモールだから、キモール」と言うキレッキレのネーミングセンスを見せてくれたw

12.シャドウヴィクター
ドライブヴィクターの対となる機体をイメージして作られたもので
これまででもっとも王道な機体となった
戦闘力はまだ未知数だが、いずれ対戦したいものである

・フリッカーとしてのばにらさん

回数は少ないものの、何度か対戦しており、その様子は当ブログにも記録されていますが
シュートフォームは
『機体に指を添えたまま弾かずに腕を突き出す』と言うもので、平たく言えば『指ピンをしないブースターインパクト』である
それゆえに、威力は低いのだがミヤビや赤城などで面積を広げてからのマインヒット戦術を得意としている
また、本気を出せばリベリオンを砕く

まだシャドウヴィクターと手合わせしたことがないのも含め
割り箸フェンス付き斬撃フィールド、フリップバリケードを交えたバトルはまだ未経験なので
いずれまた挑戦しに行きたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG,PNG,GIF形式の画像を投稿できます(投稿時はコメント入力必須)